元モー娘・吉澤ひとみを待ち受ける地獄の道「吊るし上げに近い会見に…」法廷でアノ宣言も…

関連キーワード:

,

,

,

 元「モーニング娘。」の吉澤ひとみ容疑者が26日、酒気帯びとひき逃げなどの罪で、起訴された。同日午後に弁護人が保釈申請を行い、保釈金の納付が確認されれば、およそ20日ぶりにシャバに出ることになる。

 同容疑者は今月6日に東京・東中野の交差点に赤信号を無視して進入。横断歩道を渡っていた自転車の女性と男性を次々とはねた。被害者はどちらも軽傷。
吉澤容疑者の呼気からは基準値の約4倍に当たるアルコール成分を検出。警察の調べに同容疑者は当初「前日午後8時ごろから午前0時まで自宅で夫と晩酌していた」「缶チューハイ3本を飲んだ」と説明していたが、その後「缶チューハイ以外にも焼酎のソーダ割りを2杯飲んだ」と供述を変えた。事故から15分後にようやく110番通報した理由についても、同容疑者は「道路にたくさんの駐車車両があったので車を停められず、その場から去ってしまった」と話していたが、写真週刊誌「フライデー」(講談社)が事故の瞬間を収めたスクープ動画を公開したことで、万事休す。周辺に停車車両はないばかりか、事故を起こした後も平然と現場を走り去る姿が映っていた。

 さらに交差点に進入した時の状況について、吉澤容疑者のドライブレコーダーを解析したところ、法定速度60キロをはるかにオーバーする86キロで突っ込んでいたことが発覚。被害者が軽傷だったのは不幸中の幸いとしか言いようがない。

 保釈後、吉澤容疑者は所属事務所の仕切りで謝罪会見を行う予定。スポーツ紙記者によると「情状酌量の余地がなく、会見は吊るし上げに近い形になる。当初、会見は保釈当日とみられていたが、吉澤容疑者の精神状態を考慮し、後日ということもありえる」という。

 その後、所属事務所は同容疑者に“厳罰”を下すことになるが、その中身については、判断が分かれているようだ。業界関係者の話。

「普通ならば解雇が妥当だが、彼女はモー娘を支えてきた功労者。事務所内では無期限活動休止を推す声もある」(事情通)

 謝罪会見を終えても心休まる時間はない。「週刊誌が保釈中の彼女を追い掛け回すだろう。小さい子供もいるので、そのあたりの母子の“つながり”的なアプローチは女性誌向き。保釈中に飲酒でもすれば、それはそれでスキャンダルになる」とはスポーツ紙記者。

 そして迎えるのは初公判だ。傍聴席は争奪戦が予想され、抽選となる。量刑については「被害者が軽傷だったこともあり、懲役1年、執行猶予3年程度だろう」というが、吉澤容疑者は昨年9月にも衝突事故を起こしたばかり。裁判官から断罪されることは間違いない。週刊誌記者は「一部で交通刑務所に収監されるという報道もありますが、おそらく吉澤容疑者は法廷で『もう2度と車の免許は取らない』と宣言するはずです」と話す。何もかもを失ったのだから、それも当然か…。

元モー娘・吉澤ひとみを待ち受ける地獄の道「吊るし上げに近い会見に…」法廷でアノ宣言も…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで