• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ロト

,

宝くじ

,

秋競馬

,

競馬

akikeiba926.jpg
秋競馬は一獲千金のチャンス

 競馬ファン、スポーツファン、ギャンブルファンに告ぐ。この秋、最大の注目であるG1シリーズがいよいよ開幕する。今週日曜のスプリンターズステークスから、年末に行われるホープフルステークスまで、障害レースを加えればJRAで12のG1レース。さらに地方競馬最大の祭典であるJBCシリーズ3レースも、11月に京都競馬場で開催されるのだから、合計15のビッグレースが行われる。これほどまでにビッグレースがJRAで続けて行われたことはなく、平成最後にして、競馬はまさに最高の盛り上がりを見せるのだ。

 そして競馬は見るだけのスポーツではない。20歳以上であれでも誰でも予想して馬券を購入することができ、そして的中させれば数万円から数百万円あるいは6億円なんて最高配当も期待できる日本を代表するレジャースポーツなのである。そんな最高の競馬シーズンを、ただテレビ越しに観戦するだけなんてもったいない。この大一番に是非参加して、誰もがうらやむ一獲千金を手にしようではないか。

 さて、そんな競馬を楽しむのに必要なのは何か。もちろん武豊やモレイラ、藤田菜七子といった騎手を応援する、ワグネリアンやレイデオロなどの馬を応援する、ディープインパクトやオルフェーヴルなど種牡馬を応援する、そういった楽しみがあるのも競馬の魅力の一つである。しかし競馬の醍醐味であり、そして最大の魅力はやはり馬券であろう。

 自分が選んで馬が一着でゴールを駆け抜けた時、あるいは自分で選んだ予想が見事な的中を見せた時、投資金の1000円が万馬券の的中で10万円にも増えた時、これらの感動や興奮はまさに競馬ならではのもの。数字を並べるだけで運任せのロトや宝くじ、あるいは配当の低い他の公営ギャンブルではなかなか体感できない最高のエンターテイメントである。

 その競馬を予想するにあたって必要なのは、一般的にはスポーツ紙や競馬専門紙、そしてインターネット上の各データサイトであろう。しかし競馬は、多くの負け組によって勝ち組が支えられているのが現状。その負け組の多くが利用するスポーツ紙や競馬専門紙では、安定した的中や大きな利益を得ることはまず不可能に近い。

 なぜなら競馬専門誌やスポーツ紙は、全レースの予想を掲載しているが、自信度や馬券の購入方法、利益を挙げる方法などの詳細は記載されていない。そしてまるでアマチュアかのような購入点数の多さも問題だ。出走馬の半分以上に予想の印がついていることも多く、16頭中12頭以上に印が付くような予想も見られるほど。プロであればレースを厳選し、購入点数を減らすのが当然だろう。それを全レース最大1日36レースも掲載しているのだから、それを参考にして購入してもほぼ儲からないというのは当然だ。

 それでもここ数年は、競馬で安定した利益をあげているという馬券の勝ち組も増えているように思う。実際に馬券の利益による税金を争う裁判やニュースも多く聞くし、インターネットの普及によって競馬投資という考え方も定着したように思う。


■馬券の勝ち組はここが違う!

 そんな馬券の勝ち組の多くが利用しているというのが、競馬情報を知り尽くす「競馬情報のプロ達による競馬情報サイト MASTERS(マスターズ)」だ。馬券の購入方法や予想方法は数多くあるが、やはり生き物であるサラブレッドが走る以上、それを管理する身近な競馬関係者の情報が的中に直結するのは言うまでもない。確かに最近はデータを活用した予想法などもあるが、そこには馬の状態や上昇具合といった要素は反映されず、また初めて走るコースや条件において過去のデータは参考にならず、万能ではない。

 しかし競走馬に携わる関係者、特に馬主、厩舎、騎手の三者においては、競馬における絶対的な存在といえるだろう。馬主は競走馬の所有者であり、最終的な決定権を持つ立場にある。そして厩舎は競走馬の状態を完全に把握しており、騎手がどう乗るのかがレースの結果に繋がる。競馬においてこの三者の情報を把握することがどれほど重要か、おわかりいただけるだろう。

 既存のマスコミはこの三者、特に馬主に関する極秘情報を入手することはまず無理だ。マスコミに協力的な馬主はごく一部であり、ほとんどの馬主は情報の開示に非協力的だからだ。

 しかしマスターズは違う。多くの競馬関係者によって構成されているマスターズの情報網は、元調教師、元騎手、元厩務員、元助手、牧場、馬主関係者、トラックマン(競馬記者)、馬具屋等の内部関係者で構成され、馬券に直結する【騎手情報・馬主情報・厩舎情報】を完全に把握。それぞれの分野にスペシャリスト(達人)が存在し、ありとあらゆる競馬情報が集結している。その達人の一人である騎手情報の達人J氏は、人脈の広さは業界随一であり、現役騎手はほぼ後輩で、現在も牧場やトレセンに通って情報収集を行っているという人物。彼に本音を話さない人間はいないというほどの重鎮レベルという。こんな逸材が山のように存在するのがマスターズなのである。

 彼ら達人たちは、スプリンターズステークスから始まる秋のG1シリーズに向けて並々ならぬ手応えを感じているという。マスターズのスタッフは

「先週の神戸新聞杯とオールカマーも情報通りの決着で、神戸新聞杯は9年連続となる的中でした。他にも阪神最終レースでの万馬券的中など、達人たちの情報はさらに勢いを増すばかり。

 スプリンターズステークスの短距離戦は、マイルや2000m戦と比べ、スピードの絶対値が重要。そして、出走馬の底力と騎手の技量が、より求められる条件。短距離戦の達人T氏によると、騎手に近い関係者から本音や戦略を入手できており、行く馬と控える馬の取捨がはっきりしているから、非常にわかりやすいレースとのこと。短距離戦の魅力は純粋な力勝負。だから馬券は取りやすい、というのがT氏の揺るぎない自信の根拠なのです。

 その自信の高さは、同様のパターンで3万馬券を的中させた前哨戦のキーンランドカップからも、間違いありません。秋のG1シリーズに向けて、このスプリンターズステークスは我々マスターズの情報で馬券を購入してください

 とコメントしており、スプリンターズステークスに向けて短距離戦の達人であるT氏は自信満々。さらに秋のG1シリーズに向けても、他の達人たちが万全の準備を進めているという。そしてマスターズは、今回特別に、スプリンターズステークスの「3連単勝負馬券」を無料で提供してくれるというのだから見逃せない。

sanrentan926.jpg
数々の伝説を残した3連単勝負

 今年のスプリンターズステークスは三連覇を目指すレッドファルクス、高松宮記念優勝馬のセイウンコウセイとファインニードル、桜花賞馬レッツゴードンキ、サマースプリント王のアレスバローズ、香港からの遠征馬ラッキーバブルズなどが出走するが、かなりの混戦模様と言われている。そのため配当妙味も高く、マスターズの厳選勝負なら一気に資金を増やすことも可能だろう。他のマスコミとは違う3連単勝負馬券、達人の情報による至高の結論は必見だ。

CLICK→特別無料公開!「スプリンターズステークス3連単勝負馬券」マスターズ

関連キーワード