• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 あらゆる一瞬一瞬を永遠の光景として切り取ってしまう写真。時には、シリアルキラーが被害者たちを自己満足のために撮影することもあるようだ。今回は、殺人鬼が撮影した犠牲者たちの写真を公開していこう。


■ロバート・ベン・ローデス

1809_siriaru_01.jpg
画像は、「Listverse」より

 1990年2月、テキサス州パサデナ市で当時14歳のレジーナ・ケイ・ウォルターズが行方不明になった。レジーナにはリッキーというボーイフレンドがおり、2人はよく一緒にいたため、レジーナの両親は当初「リッキーと一緒に家出したのだろう」と考えていたそうだ。しかし、彼女と音信不通になって1カ月後、奇妙な電話をレジーナの父親が受け取る。

 電話越しに「レジーナが見つかった」と語った男は、「俺が彼女を少しずつ変えてるから心配しないでくれ。髪の毛も切った」「今、彼女は小屋にいる」と告げた。その電話から半年後、人里離れた小屋でレジーナの遺体が見つかることに。彼女の首にはワイヤーがきつく巻かれており、東部が切り落とされそうになっていた。警察は、レジーナの遺体発見から5カ月前に誘拐と性的暴行の罪で逮捕されていたロバート・ベン・ローデスの家を捜査。殺害前に撮影されたレジーナの写真を見つける。ロバートには1975~1990年の間に50人以上の女性を拷問、強姦、殺害したと考えられており、現在もイリノイ州のメナード矯正センターに投獄されている。

1809_siriaru_02.jpg
画像は、「Health Psychology Consultancy」より

コメント

1:匿名2018年10月 1日 19:04 | 返信

写真のタラの脚はいいですね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。