• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9
【悲報】人類滅亡のため、今年が最後のハロウィーンになる! 巨大ドクロ型隕石が爆速で地球に接近中、壊滅的被害に!?の画像1
画像は「Thinkstock」より引用

 今年もハロウィーンが近づいてきたが、ここで1つ悲しいニュースをお伝えしなければならない。なんと、ハロウィーンに向けてドクロ型隕石が地球に接近しているというのだ!

このドクロそっくりの小天体の名は「2015 TB 145」。その姿から「死の彗星」、「巨大パンプキン」と呼ばれることもあれば、2015年10月31日、ハロウィーンの日に飛来したことから「ハロウィーン隕石」と呼ばれることもある。いずれにしろ、ドクロ型の隕石がハロウィーンを狙って地球に最接近するのは、なんとも恐ろしい。

【悲報】人類滅亡のため、今年が最後のハロウィーンになる! 巨大ドクロ型隕石が爆速で地球に接近中、壊滅的被害に!?の画像2
画像は「Daily Mail」より引用

 そして、英紙「Daily Mail」(9月28日付)によると、今年のハロウィーンの直後に再び2015 TB 145が地球に最接近するというのだ。その直径は700mもあり、もし地球に落下したら壊滅的な被害をもたらすことは間違いない。2002年に地球に最接近した直径300mほどの小惑星「2001YB5」でも、フランスを丸ごと引き飛ばす威力を持っていると言われたが、今回の隕石はその2倍以上だ。

 だが、安心して欲しい。NASAの予想では、11月11日に地球から2400万マイル(約3800万km)離れたところを通過する予定だという。

関連キーワード

NASA

コメント

9:匿名2018年10月23日 20:32 | 返信

幻魔大戦また見たいな

8:匿名2018年10月19日 07:49 | 返信

フィフスエレメントやん!

7:匿名2018年10月 7日 15:43 | 返信

おまいはどんだけ人類滅亡が好きなんだよ!このホラ吹き嘘つき!
ソースもとが捏造だったとしてもそれをのせた人も同罪だ!嘘つき!

6:匿名2018年9月30日 21:09 | 返信

2015年のハロウィンの日(10月31日)に、地球に下のような形の小惑星が接近しました。名称は、小惑星 2015 TB 145 です。
そして、この小惑星が今年、ふたたび地球に接近する軌道を取っていることがわかったのです。地球から離れて 3年目の今年 11月に最接近します。

なお、信じられない数の「地球に接近する小惑星」が観測されている。

※4
CGじゃん

5:匿名2018年9月30日 19:46 | 返信

それ去年も言ってたよなw
来年もまた言うのか?
中二病乙

4:匿名2018年9月30日 15:52 | 返信

ちなみに、ドクロっぽい画像は捏造だから

3:匿名2018年9月30日 11:34 | 返信

ドクロベエ様!

2:匿名2018年9月30日 11:18 | 返信

デイリーメールは日本で言えばスポニチw

1:匿名2018年9月30日 10:11 | 返信

地球衝突の可能性は低いが、NASAの予想が完璧である保証はどこにもない。

・・・だから何?あきらめろっていいたいんだなこの記事書いたあんぽんたん!絶望の言葉使うやつは虫けら野郎だ!!覚えておけ!!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。