• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

【日本奇習紀行シリーズ】 中国地方

kishu1913_01.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 日本に限らず、昔から様々な国と地域で、多種多様な内容で行われて続けている“成人の通過儀礼”。そうしたものの中には、なぜ成立し、後年まで続けられているのかすらもわからぬような、なんとも“奇妙奇天烈な儀式”も少なくないようだ。


「うん、そうだね。このあたりじゃ、2、30年ぐらい前まではね、当たり前のようにやってたよ。毎年ね」


 かつて中国地方のとある地域で行われていたという、とある“成人の通過儀礼”についてそう語るのは、現在もなお当地で暮らし、桃農家を営んでいるという岡善三郎さん(仮名・89)。岡さんの話によると、その昔、当地の子供たちは、13歳となった年の春、なんともおかしな行事への参加を強要されていたのだという。


「言ってしまえば、男も女も、みんながみんな、“すっぽんぽん”で村中を駆けずり回るっていう行事だね。それをね、だいたい五月ぐらいのさ、田植えの準備が始まる頃の満月の夜にね、必ず毎年やるんだよ」


 もともとは当地を治めていたある領主の一族が、ある種の“度胸試し”的な要素を込めて始めて、武家の子弟たちにやらせていたものが由来だというこの風習は、その後、当地の民衆の間にも広まり、その過程において、いつしか男児のみならず、女児も参加する“月夜の全裸マラソン”ともいうべき儀式へと変わっていったのだという。参加するのは、その年に13歳となる少年少女たち。彼らは“古くからのしきたりだから”という理由だけで、こうした羞恥に満ちた行為を強要されていたのだという。


「まあね、そういう年頃になると、だんだん色気づきはじめるものだから、大抵は嫌がるものだよ(苦笑)。けどさ、その恥ずかしさに負けずに一歩、家の外に出たならばよ、男は女の、女は男の裸を見ることができるわけ。だからね、結局は誘惑が勝る形でね、みんな参加しちゃうの」

コメント

2:匿名2018年10月 7日 21:16 | 返信

嘘書くな。羞恥がかつにきまってるし
聞いたこともないし、親がいやがるわ
アホ記事

1:匿名2018年10月 7日 12:15 | 返信

聞いた事ねーよ田舎エアプが、適当な事言ってんじゃねーぞ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。