• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

3P

,

ギャラ飲み

,

吉沢ひかる

ThinkstockPhotos-611859774.jpg

 芸能人がまるでキャバクラ嬢のように酒席で相手をしてくれるとあって業界関係者や大企業関係者に重宝されるギャラ飲み。ブレイク前の芸能人は重要な収入源となり、ブレイク後の芸能人は企業関係者に気に入られるというメリットがある。

 だが、最近は週刊誌などでもギャラ飲みの存在が暴かれ、当初は物珍しさもあって金払いもよかった関係者たちも敬遠しているらしい。しかし、一方ではコアな関係者が熱心にギャラを払って芸能人との酒席を楽しんでいるというが、その内容がマニアック化していると聞きつけた。

「以前はスポンサー関係者や大企業の幹部などからギャラ飲みは好まれていました。しかし、たくさん報じられるようになって希少価値も薄れ、リピーターは少ないです。ただし、コアなお客さんは残っていて、AV顔負けの設定で楽しんでいます」(芸能プロダクション関係者)

 ギャラ飲みで設定とはどういうことか。

「要は性的な趣向を満たそうというギャラ飲みを希望する人が増えています。もちろん、ギャラ飲みのほとんどは肉体関係のない飲み会ですが」(同)

 肉体関係のないギャラ飲みで、どのように性的趣向を満たすというのか。少々不思議な話だ。

「たとえば女性アイドルがギャラ飲みに来る場合、これまでは男性とアイドルが2人きりで飲んでいました。しかし、ここに男性マネージャーにも同行してほしいという依頼があるんです。普通に考えるとおかしいんですが、要は寝取っている感覚で飲みたいみたいです。男性マネージャーが見ている前で女の子の肩に手を回して楽しむようです」(同)

関連キーワード

3P

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。