• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

テレビ局

,

婦人団体

ThinkstockPhotos-669393830.jpg

 テレビ番組に強い不満を抱え、テレビ局に電話やメールを入れた経験をお持ちの方は多いはずだ。こうしたクレームのために視聴者センターと呼ばれる部署を設けるテレビ局もある。しかし、電話やメールではなく、直接訪問して抗議をおこなう方々も世の中には存在する。

 無論、番組側に非があるのであれば仕方ないが、クレームを付けたいがためのクレームとでも言うような面倒なクレーマーも存在するらしい。

「批判のために来る人とはいえ、番組に非がある場合も多いので、基本的には相手が誰であっても真摯に向き合いたいと思っています。しかし、クレームを言うためにクレームを考えてきたとでもいうような難癖レベルのクレームを付けるために訪れる団体もあります。中には毎週欠かさずやってくる団体もあって恐怖を感じることもありますよね」(テレビ局スタッフ)

 毎週欠かさずやってくるとはたしかに恐ろしい。一体どのような団体なのか。

「詳しくは言えませんが、俗に婦人団体と呼ばれるような市民団体です。毎週のように同じメンツがやってきて、『この1週間の問題点をお伝えします』と言ってノートを広げるんです。まるで総務省の立ち入り検査官のような振る舞いですよ」(同)

 たしかに厄介な印象はこの発言からも明らかだ。では、どんな苦情があるのだろうか。

関連キーワード

コメント

3:匿名2018年10月 3日 03:25 | 返信

フェミニストやばいすぎ
なんでもかんでも女性蔑視といえば、自分達の気に入らないもの潰せると思い込んでいるんだろうね
それにしても女性蔑視と言う人は総じて変人しかいないのは何故なんだろうか

2:匿名2018年10月 2日 15:31 | 返信

きちんとどこのテレビ局へのクレームなのかわからないと
せっかく氏名公表して記事書いても意味ないと思う。
例えば関東甲信越の地上波全部のテレビ局?
wowwowとかBS,CSも含まれてるの?
Eテレとかならよく見ると結構自由にやってるのもあるから
クレームするのもわからなくもないけど。
ただ妙齢のご婦人方のクレームが毎週あるってだけじゃ
だから何?で終わりだよ。

1:匿名2018年10月 1日 08:34 | 返信

更年期のヒスババアはやることなくてヒマなんだよ
何を言っても相手が仕立てに出るからオナニーしに来てるだけ
門前払いで放り出すようにすれば来なくなるさ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。