• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 月面にトンネルか――。2本のトンネルと、まるで映画『2001年宇宙の旅』の“モノリス”のような構造物が発見されたのだ。


■月面にトンネルとモノリス

 トカナ読者ならご存じの台湾在住の著名なUFO研究家、スコット・ウェアリング氏が自身のブログ「UFO Sightings Daily」に9月24日に投稿した記事では、月面の2本の「トンネル」とその末端に建つ“モノリス”を紹介している。

tunnelsandmonolith1.JPG
UFO Sightings Daily」の記事より

 情報ソースはYouTubeチャンネル「Sandra Elena Andrade」の動画で、運営者はグーグルアース(ムーン)で確認されたこのトンネルと“モノリス”を動画に収め、2016年5月27日に投稿している。解説によれば発見者はアルゼンチン人のマルセロ・イラススタ(Marcelo Irazusta)氏。トンネルは2本あり、それぞれの全長は1.7kmと1kmで幅はいずれも5mほどであるという。そして、短いほうのトンネルの東端に巨大な墓標のような“モノリス”が建っているのだ。

 場所はアポロ17号が着陸したタウルス・リットロウ渓谷(Taurus Littrow)の北部で、月面車両の観測地点の1つ「ステーション6」から、わずか数メートル北に位置している。土管を長く伸ばしたトンネルのように見えるのは確かだが、途中から地中の奥へと伸びているのだとすれば月面と地下施設をつなぐ通路かダクトのようなものかもしれない。

tunnelsandmonolith2.JPG
画像は「YouTube」より

 ウェアリング氏の見解は以下の通りだ。

「この人物は月面に2本のトンネルを発見し、1つのトンネルの端には高い“モノリス”が建っている。トンネルの1つの端にモノリスが建っているという事実は、このトンネルが知的な存在によって建設されたものであることの証左となる」(スコット・ウェアリング氏)

 そして、奇妙なことにこのトンネルとモノリスは、今ではもうグーグルムーンでは見られなくなっている。ステーション6に近いほうのトンネルの座標は「20°18'17.13"N 30°47'28.68"E」なのだが、現在の座標の一帯は「North Massif」という丘になっているのだ。まるで、上から土が盛られたように地形が変わっているのである。

tunnelsandmonolith3.JPG
「グーグルアース」より

 グーグルとNASAが“修正”を施したことは間違いないのだろう。だとすれば、このトンネルとモノリスは知られてはならない構造物であったことになる。修正される前にこうして動画に収められたことは幸運というべきで、陰謀論的には“隠蔽案件”ということになりそうだ。

月面のトンネルと“モノリス” 動画は「YouTube」より

コメント

3:匿名2018年10月11日 12:53 | 返信

2よ、よく見ろ、モノリスに影が無いぞ。

2:匿名2018年10月 9日 12:27 | 返信

なんでもかんでもJpegノイズだとかテキトウに言ってればいいもんではない。
Jpegエンコードというのは、8 x 8 の正方型の画素ブロックで"必ず"構成されている。
1には、どこの部分がJpegノイズに該当するか、説明して欲しいのだが。
上の画像がどういうものだか、俺はよー知らんがね

1:匿名2018年10月 8日 21:21 | 返信

JPEGノイズ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。