• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
1810_taiho_01.jpg
画像は、「美川憲一」オフィシャルサイトより

 今年9月、女優・三田佳子(76)の次男・高橋祐也(38)が覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されたのは記憶に新しい。高橋容疑者が逮捕されるのは、2007年以来11年ぶり4回目。今回の逮捕にネット上からは呆れ声も上がっているが、2回以上逮捕されている芸能人は少なくない。

 演歌歌手の美川憲一(72)は、1977年と84年に2回も逮捕されている。捕まった原因はどちらも大麻取締法違反。昨年放送された『良かれと思って!』(フジテレビ系)では、大麻について「興味本位もあったけれど、気持ち良くなるんじゃなくて眠るために使った」と証言している。

 2度目の逮捕で美川の仕事は激減したが、スナックや温泉旅館などをドサ回り。その後80年代終わりに訪れたモノマネブームに乗っかる形で再起を果たし、全盛期は年収25億円を稼ぎだしたそうだ。今回は高橋容疑者や美川のように、2回以上逮捕歴のある有名人たちをご紹介していこう。


●岡村靖幸

1810_taiho_02.jpg
画像は、「岡村靖幸」公式Instagramより

 「だいすき」や「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」などの楽曲で知られるアーティストの岡村靖幸(53)は、覚せい剤で3度逮捕されている。最初に捕まった03年は、懲役2年・執行猶予3年の有罪判決に。しかし05年にも捕まり、懲役1年6カ月の実刑判決が下された。

 出所後はニュース番組で“覚せい剤との決別… 歌手・岡村靖幸の生きる道”という特集が組まれ、歌手としての今後を語っていた岡村。誰もが覚せい剤から足を洗ったと思っていたが、08年にも逮捕され懲役2年の実刑判決を受けている。同年の初公判で岡村は、「不眠不休で働いていたこともあり、プレッシャーに負けて覚せい剤に手を出してしまいました」と供述。最後に「たくさんの人を傷つけ、悲しい思いをさせてしまいました。本当にごめんなさい」と謝罪後、「裸足で氷の上を歩くようにしか人を愛せない」などと書かれた自作の詩を朗読している。

コメント

1:匿名2018年10月 3日 08:01 | 返信

ググるといくらでも知ることができるような内容の記事など要らない。
つまらない。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。