• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

――第一線の記者やライター、ジャーナリストなどが取材・執筆する“不都合な真実をえぐり出す”ネットメディア「Real News On-line!(リア・ニュー!:RNO)」より転載。

RNO1003_1.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

ドヤの一室から多量の覚醒剤と注射器が…… この街のリアルな姿を追う

「覚醒剤が24時間買える街」

「犯罪者が流れ着く街」

 として、全国的に知られる大阪市西成区・あいりん地区。

 そのあいりん地区にあるドヤ(簡易宿泊所)の一室から、覚醒剤およそ25グラムと多量の注射器が発見されたのは、今年8月のことだった。

 大阪府警薬物対策課と西成警察署は2018年4月、別の覚醒剤事件で逮捕されていた男の供述などから6月から8月にかけて内偵調査を行い、西成警察署の裏手にあるドヤを本拠として覚醒剤に密売を行っていたとして、いずれも住所不定・無職の43才と46才の男2人を逮捕した。

 この男らは、現役の暴力団組員ではないものの、背後に暴力団関係者がいる可能性が高いとみて、警察では引き続き捜査を続けている。

 なぜドヤの一室から多量の覚醒剤が発見されたのか? 地元の事情通A氏に話を聞いた。


ドヤを使った新たな売買方法が確立され、岐路に立たされる売人たち

「そのドヤの一室が“シャブ部屋”になってたからや。(逮捕された)男たちは、ドヤの前の路上で客と交渉した後、客をその部屋に入れて、数分後に客が出ていくというシステムや。ほかに、その男らがドヤに入って、携帯電話で誰かと連絡した後、封筒を受け渡すいうやり方もあったようやで。捕まった男らは“売り子”やな」

 逮捕された男たちは、このような“売り方”で、売買を行っていたというわけである。当然、あまり目立って商売できないため、売り上げだけを見ればたかが知れている。しかし、これを繰り返し売買することによって、多大な利益を生むのだ。

1b2d64c2d2600db40177356ecd38c689-300x225.jpg
「白ペン」の隠語で呼ばれる白いキャップの注射器

 かつて、あいりん地区では、ドヤなどに住む多くの住人が覚醒剤売買に関わっていたと言われる時期があった。これは、覚醒剤を求める客を売人に紹介するだけで、その人間にも“おこぼれ”的に小遣い銭がもらえていたからだ。

 このように、現在はドヤを舞台とした売買が行われる覚醒剤の密売だが、かつてあいりん地区での主な密売方法と言えば路上で行われるのが常だった。その場所は、それぞれ略称で呼ばれていた。

「踏切横(線路脇)」「オー〇ャン前」「コインロッカー」「○○プラザ」

 これらは有名な密売場所の一部だ。こういった場所は、たとえ警察によって摘発されても、数時間後にはすぐ売り子や立ちんぼと呼ばれる売人が密売をすぐに始めていたために、覚醒剤中毒者がいつも散見される場所だった。付近には防犯カメラなどもあったのだが、それでもお構いなしだ。

 数年前までは、これらの密売場所で1万円を渡すと、その場で覚醒剤と注射器を渡されるという方式だった。しかしその後、取り締まりが厳しくなったため、お金を渡すと売り子が何者かに電話をかけ、摘発の目を逃れる場所に移動して渡されるという方式が主流になった。

 たとえば、売り子が買った相手に電話番号などを渡して、配達する「デリバリー」などが新たな手法となった。

 当サイトでも以前、このデリバリー方式を使った売人たちの逮捕を取り上げている。

(関連記事:スナックの名刺を使って覚醒剤密売していた2人の男が逮捕

 そして冒頭に記した、ドヤの一室に案内するというのも、新しい手法の一つである。


外国人観光客で溢れ返るドヤ、もう覚醒剤の売買には使えない?

 このように、新たな売買の方法が次々と確立されていくあいりん地区だが、売人にとって徐々に住みにくい場所へと変貌しつつあるのが実態である。

 その大きな理由として、徹底した浄化作戦が行われていることが挙げられるが、さらに問題なのが、ドヤの数が減少したからとも言われている。

 最盛期の1989(平成元)年頃、この地区一帯には200軒以上ものドヤが立ち並び、身元、素性の分からない人間が多く居住し、出入りもしていた。それが現在、ドヤの数は90軒以下。そのため、このようなあやしい売り子らが泊っているドヤは、噂がすぐ広まり特定されるのだ。

 そして昔ながらのドヤは今も立ち並んでいるものの、その多くは生活保護者向けの「福祉アパート」という名称に変わりつつある。

e5f24e006009ba9937b4c36db1280094-225x300.jpg
ドヤの入居案内。最近は「福祉アパート」と呼ばれている。

 また、インバウンドにより、大阪を訪れる外国人らがドヤを利用しているという事実も見逃せない。実際、現在のドヤのロビーには外国語のポスターがたくさん貼ってあり、建物内では世界中の様々な言語が飛び交っている。

 こうした事実も、覚醒剤の密売にとっては足かせとなっているのだろう。

 これら内外の事情が重なり、カオスな街だったあいりん地区の浄化は進んでいる。

 今では見られない光景だが、一昔前は路上に多くの売り子が立ち、客は覚醒剤を選び放題だった時期もあった。泥棒市と呼ばれる闇市では、向精神薬、睡眠薬などを中心に扱う通称「薬局通り」なども存在していた。

 デリバリー方式で売買する売り子たちは、今はあいりん地区から場所を変え、近くの大国町や鶴見橋、少し離れた住之江などに拡散して取り引きしているのが現状だ。

 日本一高い超高層ビル・あべのハルカスから10分圏内、大阪名物の通天閣から5分というこの地域が、観光客にとって見過ごせない場所になり、街のイメージは変わりつつある。「西成=覚醒剤」というイメージが払拭されるのも、案外もうすぐなのかもしれない。
(文◎葉梨幸太郎)


“不都合な真実をえぐり出す”メディア「Real News On-line!」

(関連記事:高橋祐也容疑者4度目逮捕、覚醒剤を渡した「関東連合関係者」に逮捕状
(関連記事:NHK元「歌のお兄さん」が覚醒剤使用の疑いで逮捕、尿から陽性反応
(関連記事:クスリ乱用? 大阪・通天閣の街中で覚醒剤を飲み込んだ男が死亡
(関連記事:“紀州のドン・ファン怪死”ビール瓶を押収し覚醒剤混入を鑑定へ
(関連記事:「試合で負けられない」女子プロレスラー浜田文子が覚醒剤使用で逮捕

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。