【コインロッカー乳児遺棄事件】性別もわからないほど腐敗した赤ん坊…! 我が子を棄てた街「鶯谷」性風俗の現実とは!?

――第一線の記者やライター、ジャーナリストなどが取材・執筆する“不都合な真実をえぐり出す”ネットメディア「Real News On-line!(リア・ニュー!:RNO)」より転載。

【コインロッカー乳児遺棄事件】性別もわからないほど腐敗した赤ん坊…! 我が子を棄てた街「鶯谷」性風俗の現実とは!?の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

赤ちゃんは生後4~5年…… コインロッカーを転々と

 東京・鶯谷のコインロッカーから、乳児の遺体が発見された。この乳児を遺棄したとして、9月24日、自首してきた49歳の母親が尾久署に逮捕された。

「赤ちゃんが生きて生まれてこなくてパニックになった」

 母親は取り調べに対し、このように述べているという。

 さらに母親は、生んだのは4~5年前で、コインロッカーの場所を移動させながら、ずっと保管していたと供述。そのため、乳児は性別もわからないほど腐敗した状態だったという。

 死産だったのか、産んでから殺害したのか。本人の供述をよそに推測は尽きないが、それはこれからの取り調べで明らかになっていくことだろう。

 鶯谷という地域で起こったというだけで、東京の事情に詳しい人の多くは「やっぱり……」と、眉をひそめる。

 台東区・鶯谷は東京23区の中でも、ダークな側面を抱えている街である。垢抜けした港区や世田谷区や目黒区が東京のすべてだと勘違いしている地方出身者は多いが、実は台東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区…… といったエリアは、綺麗事だけでは語れない。

【コインロッカー乳児遺棄事件】性別もわからないほど腐敗した赤ん坊…! 我が子を棄てた街「鶯谷」性風俗の現実とは!?の画像2乳児が発見されたコインロッカーのすぐ横には巨大なラブホテル街が広がっている(撮影◎筆者)

 鶯谷の根岸側の駅前は、山手線の駅とは思えないほど細い路地が多く、ラブホテルが密集している。そしてデリヘルなど、性風俗店の拠点にもなっている街である。いわゆる風俗紹介所も複数あり、日本最大のソープランド街・吉原も近い。

 性風俗関係者が多い街で起こった乳児遺棄事件。ある種の悲哀として受け止めるだけでなく、こうした事件を予防するための具体的な取り組みが必要だろう。

 

中絶に過度な罪悪感を持たせない教育

「出産は素晴らしく、中絶は極悪だ」……的な価値観は、カトリックでなくても信仰してしまう傾向にある。また、子供を産んだら、無条件で人生が明るくなる…… というファンタジーを抱えている女性は少なくない。

 高額所得者相手のデキ婚で、人生一発逆転を狙っている女性も、ちらほら見うけられる。

 だが、現実はそう甘くない。子供を育てていくということは、生活面・経済面のみならず、精神面でも大きな負担となる。そこには冷静な現実認識と強い覚悟が求められる。

 女性への性教育では避妊と同時に、妊娠中絶の必要性も教えていくべきではないか。世の中には「必要悪」というものがある。子供が生まれたらみんなが幸福になる…… という幻想はそろそろ卒業すべきだ。何より生まれた子供本人を不幸にしてはいけない。また、条件の整わない出産で、親・兄弟・家族、全員が不幸になってしまう可能性も考慮すべきだろう。

そうでないと、未熟な母親によるこうした事件はこれからも繰り返される。

 早期の「中絶」という行為を選択することに、“過度な罪悪感を持たせない教育”が必要である。ちなみに日本では妊娠22週未満までの中絶は「母体保護法」によって認められている。格差が固定化している今、経済的理由などによって子供を生めない女性を心身ともに守っていくことは、周囲の責務だろう。
(文◎徳田用一)


“不都合な真実をえぐり出す”メディア「Real News On-line!」

(関連記事:<歌舞伎町・コインロッカー乳児遺棄事件>殺人容疑で母親を再逮捕
(関連記事:格闘家・山本〝KID〟徳郁を「秒殺」した若年性がんの恐怖…
(関連記事:あの常備薬が殺害道具? 夫を毒殺した妻は水に何を入れた!?
(関連記事:「自殺するから手伝って」親友殺した23歳男を嘱託殺人の疑いで逮捕
(関連記事:バランスボールが凶器…妻子を中毒死させた医師の恐るべき殺害方法

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ