• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント21
関連キーワード:

人類滅亡

,

太陽

,

極小期

,

氷河期

,

黒点

【速報】太陽が153日も活動していないことが判明! 氷河期突入の可能性は97%、33年間も地球冷却で人類滅亡へ!の画像1
画像は「Thinkstock」より引用

 今年に入り、太陽活動が急激に停滞していることが明らかになった。このままいくと氷河期に突入する可能性もあるという。

 太陽は11年ごとに活動が活発化する極大期と減退する極小期を繰り返している。太陽黒点の減少が極小期突入のサインとなるが、英紙「Express」(9月24日付)によると、なんと今年は153日も太陽黒点が観測されない日があるというのだ!

 最後に極小期が訪れたのは2009年。それから11年後の2020年が極小期になるはずだったが、予定が前倒しになったかもしれない。すると、地球はより長い期間、寒冷期にさらされることになる。

「太陽は深い極小期に入りつつあります。NASAの人工衛星のデータを見てみると、熱圏(地球大気の最上層部)が冷やされており、縮小しています。文字通り、大気の半径が縮んでいるのです」(海外気象予報サイト「Space Weather」より)

【速報】太陽が153日も活動していないことが判明! 氷河期突入の可能性は97%、33年間も地球冷却で人類滅亡へ!の画像2
太陽黒点ゼロ「Space Weather」より引用

 恐ろしいことに、極小期が長期間続くとミニ氷河期(小氷期)を招くことになる。ミニではあるが、我々にとっては過酷だ。かつて、太陽黒点数が著しく減少した「マウンダー極小期(Maunder Minimum)」(1645年~1715年)に伴う小氷期では、北半球に甚大な被害がもたらされた。

 当時の資料によると、テムズ川やオランダの運河・河川では一冬の間完全に凍結する光景が頻繁に見られ、飢饉が頻繁に発生するようになり(1315年には150万人もの餓死者を記録)、疾病による死者も増加。アイスランドの人口は半分に減少し、グリーンランドのヴァイキング植民地は全滅。日本においても東日本を中心にたびたび飢饉が発生したと伝えられている。そして、これが70年も続いたのだ。

関連キーワード

コメント

21:匿名2018年10月 8日 22:51 | 返信

同レベルの温暖化と寒冷化では寒冷化の方が影響は大きい。寒冷化では大規模な不作になって生存の基本である食糧生産に直結するのが痛い。
ピナツボ噴火の後の93年は世界平均で0.4℃ほど下がっただけで日本は米騒動。これが1、2年だけではなく数十年続くとなれば日本は耐えられるのか。ちなみに現在の日本の食料自給率は40%以下。数十年の寒冷化だと海外も広く同時多発的に影響が出るだろうから輸入も滞ることも覚悟せなばならない。

また現状では考えにくいが仮に本格的な氷河期に突入すれば耕作に全く適さない氷雪地域が拡大し耕作面積そのものが減る。結果カナダやロシアの穀倉地帯では消える所も出てくるだろう。そしてそれより南のアメリカなどでも冷害で収穫が減るだろうから益々食糧生産は減る。そうなれば人類は70億もの食糧を支えられるのか?
それでも人類が滅ぶことはないだろうが、世界各地で飢餓と混乱と争いが起き、最悪大きな戦争でも起きれば文明は停滞や衰退することも考えられる。

(原因はさておき)近年は平均気温が上がっているから温暖化傾向なのは間違いない。しかしここにきて地球の気温の源である太陽活動が減衰傾向にあるのは正直気になるところ。
もし寒冷化傾向がハッキリしてきたら人類は掌返しで化石燃料をじゃんじゃん燃やすしかないだろう。その後太陽活動が戻ったら温暖化が加速するかもしれないが寒冷化の脅威の前には背に腹は代えられないから。
つか、トランプの大勝利?

20:匿名2018年10月 5日 21:39 | 返信

去年も太陽が活動してないって言ってたが暑かったぞ。

19:匿名2018年10月 5日 02:20 | 返信

温暖化ビジネスで儲けてる奴ら、
あと、それに乗せられてる頭の緩い温暖化信者らの吠え面が楽しみ。

45億年の地球の変動をみれば人の力などどうにもならぬほどの変化があることがよくわかる。
たかが数度やちょっと強い台風や豪雨なども、地球にとっちゃ変化のうちに入らないくらい些細なこと。

18:匿名2018年10月 4日 18:58 | 返信

もぐらのもぐ 太陽活動低下 まとめ

このワードで検索してください。その記事は大変参考になりました。
今回のトカナさんの記事とは違って客観的証拠を元に解説してくれています。
すごく面白い記事ですからトカナスタッフさんも読んでほしいです。

太陽黒点が減って温度が変化するのなんてクソどうでもいい話で
もっとビックリな事実があるようです。

17:匿名2018年10月 4日 15:15 | 返信

それならもう二酸化炭素排出削減とかいらないのかな?二酸化炭素生産こそエコになるのかな?

16:匿名2018年10月 4日 14:20 | 返信

日本は江戸時代程度の気温低下なので何も問題ないですよ
今の農業技術なら

発電も新技術ひかえてるし。

15:カボチャの種2018年10月 4日 14:18 | 返信

>>14

小氷河期は
江戸時代の気温低下ですし、今の農業生産技術力では
日本の場合は大丈夫ですよー。今のヨーロッパレベルの気温低下だし

問題は
ヨーロッパ諸国は、過去の小氷河期で
ゲルマン民族大移動し、ローマ帝国ほろぼしたほど

耕作地域減少するだろうし大変かもしれないですが
で、ウォール街の金融詐欺師の人達がロスc筆頭に
発展途上国の温度あったかい国に移住したいからと
アフリカ諸国とか
シンガポールとか、インドネシアとか
から人間虐殺して
移住工作とかやりそうー。

といっても新しいエネルギー発電方法封印してるだけだそうだし
暖かい国狙わないでもいけるかなー。

14:匿名2018年10月 3日 12:52 | 返信

「カネダ、何か見えるか?」

13:匿名2018年10月 3日 12:13 | 返信

このてのネタはスクリーンショットをSNSに載せると「うけるね」がたくさんもらえる。
試してみて。

12:胆振観光2018年10月 3日 12:02 | 返信

太陽の表面が20度代ってネタが飛び交ったと思ったら、153日も太陽は仕事をサボっていた。ってか。

地球温暖化もなんとなくインチキくせぇ、と思っていたけど、マジで寒冷化? 北海道胆振東部地震が9月でホントに良かったよ。

冬に同程度の地震があの場所で起こって、北海道全域全電源喪失状態になっていたら、山崩れで住宅倒壊での亡くなった人々よりも多く、北海道全域で凍死者が出ていたに違いない

11:匿名2018年10月 3日 11:51 | 返信

これは無教養な7

10:匿名2018年10月 3日 11:18 | 返信

今日も滅亡お疲れさまです 棒

9:匿名2018年10月 3日 08:48 | 返信

嘘ばっかりだなぁ

8:匿名2018年10月 3日 08:22 | 返信

>>7が軟弱すぎて勝てないだけの間違え

7:匿名2018年10月 3日 07:54 | 返信

>>2

人類が誕生して氷河期なんか勝てねーよ

6:匿名2018年10月 3日 06:46 | 返信

これマジ?

5:匿名2018年10月 3日 06:33 | 返信

今月1日の真夏日って台風一過の現象でしょうよ!なんか少しは「おぉーっ!」ってなっちゃう記事書いてよーツッコミ所が満載ですよ!!

4:匿名2018年10月 3日 02:54 | 返信

小氷期が来たとして暖房ガンガン使ってCO2がさらに増え、
小氷期が終わると同時に灼熱の世界になるんですね。わかります。

このままだと温暖化不可避だと思ってるので
地球を冷やすためにひたすら植樹とか、人口大規模光合成とか、
反射板を上空に浮かべるとか、目に優しい白い道路を開発するとかしかないような気がする。

3:匿名2018年10月 3日 02:51 | 返信

台風によるコンビニやスーパーの品薄で食糧危機のほうがやばいわな

2:匿名2018年10月 2日 22:30 | 返信

地球の歴史を見れば何回か来た氷河期を乗り越えて人類が滅亡してこなかったことは明確な事実なんだが?
バカなの?

1:匿名2018年10月 2日 22:09 | 返信

2009年にも小氷期が来たって書いてあるから
どうってことないのでは?
記憶にある限り、2009年も例年と変わりなかったと思うんだけど…。

今のところ
昔の米騒動(結果、タイ米輸入)や
私の嫌いなシイタケが山ほど採れた冷夏の年は
あれ以降 訪れていないから、特に問題ないと思うね。(。_。)ウン
食に直接 響くような気候でも、そのほかの生活は特に困っていなかった記憶なので。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。