史上最も環境破壊した男、トマス・ミジリーの罪深き生涯 ― 自らの発明による壮絶死は“大自然の報復”か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

■フロンガスがオゾン層を破壊

ethylgasoline3.JPGトマス・ミジリー 画像は「Wikipedia」の記事より

 ミジリーの発明は有鉛ガソリンだけではない。日本では“フロンガス”と呼ばれるクロロフルオロカーボン(chlorofluorocarbon、CFC)を発見し、冷蔵庫の冷媒や各種のスプレーなど、幅広い製品に適用できるように開発体制を整えた。

 今日ではフロンガスが地上から20~30km上空のオゾン層を破壊することがわかっているが、当時はその危険性までは把握されていなかった。有鉛ガソリンの時と同じく、ミジリーは記者会見でフロンガスを吸い込んでその安全性をアピールしている。

 フロンガスを使った製品は、その利便性からその後世界各地で大量に生産され、大気中に放出され、我々が気づかないうちにオゾン層を破壊してきた。1980年代後半から90年代にかけて、ほとんどの国でフロンガスの生産と使用は禁止されたが、一部ではまだ使用している国があるという。

 フランスの国際ラジオ放送局「RFI」が今年7月、中国の一部の工場で現在もフロンガスが使用されていることを報じている。そもそもミジリーがフロンガスを発見して活用しなければ、こんなことにはならなかったのだろう。そして、破壊されたオゾン層が回復するにはまだまだ長い時間を要するとされている。

 こうした“罪”を重ねた因果なのか、ミジリーの晩年は惨めなものになった。1940年、51歳の時にミジリーはポリオを発症し、鉛中毒も相まってこの後、病気がちの生活を送るようになった。そして、彼の最後の“発明”は、自宅で人の助けを借りることなく寝起きするためのクレーン状の仕掛けであった。だが皮肉なことに55歳の時、この仕掛けのロープが首に絡まったミジリーが窒息死した状態で発見されることになったのだ。ミジリーの病と死は、彼によって破壊された大自然の“報復”なのだともいわれているようだ。ミジリーが発明した有鉛ガソリンとフロンガスで汚された地球環境の一刻も早い回復を祈るばかりである。
(文=仲田しんじ)


「エチルガソリン」のCM 動画は「YouTube」より


参考:「Disclose.tv」ほか

コメント

7:匿名 2018年10月10日 11:12 | 返信

いずれ氷河期が来るのであれば、
今のうちに・・・

6:匿名 2018年10月10日 10:13 | 返信

トカナなら晩年に自責の念から罪を認めて暴露(告発)しようとした所を暗殺された可能性について言及するべきでは?

5:匿名 2018年10月10日 03:13 | 返信

この人や、エジソンなど1パーセントの支配者層に有利で都合の良い発明家は名前を残します。

二コラ・テスラなど、石油、ガソリンの存在価値を無くす、素晴らしい発明をした人は
闇に葬られてきた。

そして、我々はいまだに100年前の遅れたエンジンや石油、ガソリンを使わせられている!

4:匿名 2018年10月10日 02:42 | 返信

ミジリーさんが危険性を認識したまま、問題提起しないで製造販売を続けさせていたなら
確かに罪だね。
ーーーーーーーーーーーーーーー
背景にも興味がある。
ミジリ―さんが発見・発明しなければ、他の誰かが同じことをしていた可能性もある。
ついでに、ミジリ―と同じ発明をしていながら
危険性に気付いて発表しなかった人間もいた可能性はあるよね。

3:匿名 2018年10月10日 01:04 | 返信

これは殺人だぬ

2:匿名 2018年10月9日 23:16 | 返信

誰かのせいにするのは人間の得意分野ですね。
利便性を求めて散々使用してきた私たちも同罪だと、何故言えないのか…

1:匿名 2018年10月9日 23:15 | 返信

誰かのせいにするのは人間の得意分野ですね。
利便性を求めて散々使用してきた私たちも同罪だと、何故言えないのか…

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。