• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント10
ドラッケンミラー氏「YouTube」より引用

 投資の神様といわれるジョージ・ソロスの元ビジネスパートナーとしても知られる、著名投資家のスタンリー・ドラッケンミラー氏が、今後、2008年のリーマンショックを超える最悪の金融危機が世界を襲うと警告した。


■リーマンショックを超える金融危機がもうすぐ世界を襲う

 ロシア紙「Sputnik」(10月2日付)によると、9月28日、投資家向けメディア「Real Vision」が公開したインタビュー動画で、ドラッケンミラー氏は次のように語ったという。

「最後の金融危機(リーマンショック)よりも大きな危機が起こりつつあります。なぜなら、リーマンショックを引き起こす原因となったものをその3倍にもしてしまったからです」(ドラッケンミラー氏)

画像は「Thinkstock」より引用

 ドラッケンミラー氏によると、元凶は「巨大な負債」にあるという。金融機関が簡単に金を貸してしまうため、市場に「安い金」が蔓延してしまったと苦言を呈しているのだ。この状況はリーマンショックと同じだろう。

ジョージ・ソロス氏「Wikipedia」より引用

 ご存知のように、巨大証券会社「リーマンブラザーズ」の破産に伴う世界的金融危機を引き起こしたのは、サブプライムローンの崩壊だ。財政的な信用のないサブプライム層(プライム=信用のある優良客以下の層)に、高金利の住宅ローンを組ませたことがその発端だ。最初のうちは低金利、数年後に倍以上の高金利となるシステムに加え、当時は住宅価格が右肩上がりに上昇していたため、購入者は高金利になるタイミングで住宅を売ってしまえば、ローンが帳消しになると考え、サブプライムローンは飛ぶように売れた。

 しかし、住宅価格が下落し始めると、家を売却してもローンが完済できず、多くの人が自己破産に陥った。その結果、アメリカの投資銀行から地方の銀行まで300行以上が倒産、遂には大手証券会社のリーマンブラザーズも倒産し、世界的な金融危機が引き起こされたのだ。

コメント

10:匿名2018年10月28日 11:07 | 返信

今度は中国が発祥の、世界恐慌が起きるとも聞いているが、もしそうなら中国に関わってる国や企業は、大痛手をくらうだろうな。トランプ率いるアメリカにも飛び火するだろうが、そこまでではないだろう。それよりも親中派には、どう対処するか見ものだ。

9:匿名2018年10月28日 03:45 | 返信

腐れきった資本主義を解体するには、一旦崩壊させた方がいいですね。

ただ、ソロスも支配側の人間だから、彼らのコントロールでの崩壊は納得できません。

8:匿名2018年10月 6日 06:25 | 返信

んでラブちゃんとやらは予言してんの?w

7:匿名2018年10月 5日 12:55 | 返信

まあ、懲りず得体の知れない金融商品を作り出し続けている、という意味では警鐘は必要だろう。

仮想通貨、お前のことだぞ。

6:匿名2018年10月 5日 03:46 | 返信

ノストラダマスのくだりいる?

5:匿名2018年10月 5日 00:34 | 返信

だからさ いくら労働で賃金を得ても、中には印刷機で勝手に刷り上がったばかりの金のお札を握り歩く人間もいるって事。何らかの対価から生み出されたものではなく、突然 生み出す事が可能な金。それを繰り返すと商品の需要が出る反面、経済 金融のバランスがおかしくなる、もう既になってる、実体のない貨幣制度というやつだ。今更感だけど実は経済自体が全部がもう無茶苦茶って感。

よくスーパーなどで棚卸しをやるけど、台帳データーベースに合わない数字が世界経済の貨幣を印刷する機関と金融機関を表してるようなもの、元々 そんな数字もクソも無い無茶苦茶な世界が今の経済。

4:匿名2018年10月 4日 22:34 | 返信

TOCANA:【悲報】「もうすぐケンミンSHOW超えのネタ切れ危機」

3:匿名2018年10月 4日 21:53 | 返信

マネーボイスでとっくの前にやってた

2:匿名2018年10月 4日 19:36 | 返信

予言の必要はない。
投資をしている人だったら皆知ってるよ。

1:匿名2018年10月 4日 18:23 | 返信

じゃあ、消費税10%は回避確定だな。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。