大手出版社「グラドルオーディション」で編集Xが候補者とセックスしまくりだった!? 「内部告発で食いっぷりが発覚…」

大手出版社「グラドルオーディション」で編集Xが候補者とセックスしまくりだった!? 「内部告発で食いっぷりが発覚…」 の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

 大手出版社が参加するグラビアアイドルのオーディションで大騒動が起こっているという。

 このオーディションでは、過去に有名グラドルを多数輩出。業界内での評判も高く、未来のスターを発掘する登竜門になっている。

「書類選考や面接、カメラテストを経た十数名がファイナリストに進みます。その後、撮影会やネット放送でポイントを争い、将来性なども考慮してグランプリが決まるのです。芸能界にあこがれる素人だけではなく、すでに芸能事務所に所属している者、過去にアイドル活動をしていた者もいるなど、割と門戸の広いオーディションと言えるでしょう」(スポーツ紙デスク)

 現在も選考は続いており、ファイナリストたちは日々熾烈な争いを繰り広げているようだ。ところが、このオーディションが廃止されかねないような大騒動が起きているというから穏やかではない。あるグラドル関係者が絶対匿名を条件に証言する。

「担当編集者Xが候補者の女性を食っていたことが明らかになったんです。編集部内で内部告発があり、調査が行われました。すると、事実だということが判明。Xはこれまでもグラドルたちを食っていたこともわかり、担当を外されたといいます。この件は、かん口令が敷かれてしまいました」

 Xはどうやら所属事務所を持たない女性を毒牙にかけていたらしい。それだけに何とも悪質だ。

「アプローチされた女性たちは、チャンスと思ってXの誘いに乗っていたようですね。明らかになっているだけでも複数名います。黙っている女性もいるようなので、トータルで何人になるのかわかりません」(同関係者)

 もし、これが公になればとんでもない事態に発展する可能性が高い。

「もちろん、オーディションは廃止でしょう。母体となる雑誌は廃刊になってしまうのではないでしょうか。自分たちのところがやりたい放題やっていて、芸能人のスキャンダルを追及できるはずがありませんからね」(芸能プロ関係者)

 同誌はかねてより大幅な部数減に見舞われており、今回の件はかなりのダメージになりそうだ。

「ところが、その後の調べによると、この内部告発した人間も、過去にグラドルを食い散らかした疑惑が浮上しているのです(笑)。ちょっとXのことがうらやましくなったという話なんですよ。目くそ鼻くそとはまさにこのことです」(前出のグラドル関係者)

 もっとも、今回のオーディションに限らず、ミスコンなどの類はそもそも純粋な審査に基づいているのかどうか疑わしい。ある事情通は次のように語る。

「ファイナリストの時点で、大体決まっていたりするので、担当編集と寝ようが寝まいがあんまり関係ないんじゃないですかね」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ