• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

劣化

,

真木よう子

mkyk_1.jpg
画像は、「フライングボックス」より引用


 放送事故だ。先月30日に開催された格闘技イベント「RIZIN.13」(埼玉スーパーアリーナ)に、あの真木よう子が降臨した。真木と言えば、前所属事務所「フライングボックス」との関係がこじれ、今年1月に退社。9月に大手芸能プロ「レプロエンタテインメント」と契約を結んだことが発表されたばかりだ。前事務所とは円満退社を強調するも、業界では「ギャラの取り分をめぐって揉めた」という話が定説。真木を“新プッツン女優”と呼ぶ声も多い。

 そんな真木は大の格闘技ファンで有名。この日の大会ではついに神童・那須川天心と元UFCのトップファイター・堀口恭司の黄金カードが実現した。運命のゴングが近づくにつれ、ボルテージの上がる会場。そんななか、カメラが客席の真木をどアップで映し出したが…。

「顔はテカテカで、毛穴は広がりまくり。肌荒れはカメラを通してもわかるレベルでした。帽子を被っていた真木さんはカメラに抜かれて笑みをこぼしていましたが、会場は『えっ!?これが真木よう子?』と、その劣化ぶりにザワつくほどでした」とは現地取材した格闘技担当記者。

 この日の大会は同日夜にフジテレビで放送されたが、そこでも真木のどアップ映像が流れ、ネット上では「放送事故」を指摘する声が続出。ネット検索で「真木よう子」と入れると「肌荒れ」と出てしまう憂き目にあった。

 真木は世紀の対決を前に、AbemaTVの格闘番組にも出演。夢のカードに「はっきり言って発狂しました!」と超ハイテンションで切り出し「天心くんはもちろん大好きで、ファンで、まだ無敗なんで応援したかったんですけど、堀口恭司って聞いたときに家で発狂して、とんでもない試合が組まれたと思って」と、一気にまくし立てた。

 これにスポーツ紙記者は「『発狂』ってワードはテレビによっては放送禁止用語なんですがねぇ。真木さんが知らないはずはないのですが…。尋常ではない彼女のテンションも気になりましたね」と話す。

関連キーワード

コメント

4:匿名2018年10月 7日 09:06 | 返信

この人はヘビースモーカーだし昔から肌汚いの有名なのになんで今更こんな記事書いてるの?そんなに真木よう子叩きたいの?おばちゃんの井戸端会議みたいな中途半端な記事はトカナの質が下がるからほんとやめた方がいいと思います。

3:匿名2018年10月 6日 14:19 | 返信

画像載せてよ。分からない。

2:匿名2018年10月 6日 07:48 | 返信

1さんの意見に賛成。トカナってこんなクソつまらない低レベルな芸能ゴシップも載せるようになったの?これは「知的好奇心」じゃなくて「下世話な好奇心」だよ。あと埼玉スーパーアリーナじゃなくてさいたまスーパーアリーナです。もうちょっと勉強してね。

1:匿名2018年10月 6日 07:33 | 返信

トカナさんはオカルト記事が興味深くてフォローしていたのですが、こんな、そのへんのアフィリエイトブログまがいのくだらないゴシップを掲載するのですね。いくらPV稼げるとは言えど、誇りを失わないでほしいです。今後とも応援しています。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。