【閲覧注意】第二の処女膜「子宮口の処女」を奪う…はありえるのか亜留間次郎が医学的に解説! チ○コ、乾燥昆布、大量タンポン…

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服のための科学】

 今回は、性医学書を元に、エロマンガに出てくる“子宮”の描写について検証してみたいと思います。

【閲覧注意】第二の処女膜「子宮口の処女」を奪う…はありえるのか亜留間次郎が医学的に解説! チ○コ、乾燥昆布、大量タンポン…の画像1画像は「Thinkstock」より引用


■医学的にみる“子宮の処女”

 処女、非処女。性交経験があるかどうかという基準にされている曖昧なものですが、実は処女にはもうひとつあります。先に言っておきますが、アナルではありません。“子宮の処女”というものです。

 かつて、アメリカの産婦人科医ロバート・ラットウ・ディキンソン(1861-1950)は、「処女には入り口の処女膜のほかに、もう一つ“子宮口の処女”がある」という概念を提唱しました。

 図の左上の“処女”と書かれているのが、未使用の綺麗な子宮の入り口です。

【閲覧注意】第二の処女膜「子宮口の処女」を奪う…はありえるのか亜留間次郎が医学的に解説! チ○コ、乾燥昆布、大量タンポン…の画像2画像は「目で見る人体セックス解剖学」(P.3)より引用

 出産や子宮口拡張を経験すると、下の段のように裂傷ができて広がります。中には子宮口がめくれかえったり、糜爛(びらん)や浮腫などが生じたりする場合もあり、産婦人科医は子宮口を見れば出産経験があるかどうかわかります。  つまり、女性の子宮の入り口は出産を経験するまでは処女なのです。

【閲覧注意】第二の処女膜「子宮口の処女」を奪う…はありえるのか亜留間次郎が医学的に解説! チ○コ、乾燥昆布、大量タンポン…の画像3子宮口実物(撮影=亜留間次郎)

 エロマンガではよく、“子宮の中にチ○コが入ったりする描写”が出てくることがあります。しかし、子宮口は硬く閉じていて、何かを挿入しようとしても普通は入りません。  

 エロ漫画家の皆さんにはこれからも子宮口の処女喪失を描写し続けて欲しいところですが、現実には普通にSEXしている限り、子宮口の処女が奪われることはまずありえません。ですが、無理に拡張すれば不可能なわけでもなく、真面目な医療行為としても、子宮口から子宮の中に器械を挿入することがあります。こうなると、裂傷ができて出産もしてないのに子宮口の処女が失われるという状況になります。

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?