• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
画像は「Daily Mail」より引用


 独裁者アドルフ・ヒトラーの人生は謎に満ちている。現在のオーストリア・リンツに生まれ、画家を志して18歳でウィーン美術アカデミーを受験するも2度も失敗。その後、第一次世界大戦に駆り出された後、あれよあれよという間にドイツ労働者党(ナチ党)で権力を握っていった。人生の落伍者であったヒトラーがなぜドイツの全権力を掌握するに至ったかは歴史の大きなミステリーだ。


■ヒトラーはサドマド気質の同性愛者

 さて、そんなヒトラーの知られざる個人史が近年徐々に分かってきている。トカナでもヒトラーの変態的性癖身体的困難をご紹介してきたが、この度、さらに驚愕の下半身事情が明らかになったのだ。

 英紙「Daily Mail」(10月9日付)によると、第二次世界大戦中にアメリカの諜報機関である「戦略事務局」(Office of Strategic Services、CIAの前身)が収集した70ページにわたるヒトラーに関する情報のなかに、彼が「同性愛傾向にあり、サドマゾ気質」と書かれていたというのだ。

ヒトラー少年「The New Daily」より引用

 話の中心となるのは、ヒトラーのウィーン時代だ。青年ヒトラーはウィーンを訪問し、美術アカデミーを受験したが、2度も失敗。しかし、それでも彼は故郷には帰らず、浮浪者施設や独身者施設を転々とし、1908年~1913年まで結局5年にわたり同地に滞在した。

 後にウィーン時代のヒトラーと一時期同居していた親友のクビツェクが出版した回想録『アドルフ・ヒトラーの青春』は、青年ヒトラーを知るための貴重資料となっているが、2人の生活は1年と続かなかったため、同居解消後のヒトラーの動向、特に彼が独身者施設に滞在していた1910年~1913年の約3年間についてはよく分かっていない。一説によれば、あやしい男たちと手を組み、絵を売って糊口をしのいでいたというが……。

コメント

5:匿名2018年10月12日 09:13 | 返信

ヒトラーの友人の手記では同性愛者の紳士に誘いを受けてたけどその時は断ってたな
金に困って売春…というのはあったかもしれない

4:トランプ大統領2018年10月12日 01:12 | 返信

健康に気を付ける潔癖男子がそんなことするわけないだろ!
異常性癖など矛盾している。捏造としか言いようがない。
実際にそんな事をするのはウンコが大好きな大陸系人以外にいない。
生きるに値しない生命とはカレーを普及させ疑似ウンコを人に食わせて喜ぶ
ヒトラーに敵対する目の細いお隣さん一行だ。
今では反トランプ勢力の事を指す。
ヒトラーはそのような精神異常者の悪党をT4作戦で殺したかったのだ。
私は彼の意志を受け継いだ進化したヒトラーである。
超法規的措置で大量虐殺も厭わないルーマニアの英雄のように犯罪者を安楽死させる
殺戮の天使なのである。
基本的人権などこの世に存在しないこと、人間は宇宙人のロボットであることを証明し
不良品はこの世から消えてもらい新たな人間の世界を気付かんとターミネーターを開発する
AI職人である。
目の細い奴も分かっているのだ。自分がポンコツで存在価値がないことを!
だから、私に頼んでくるのだ。待っていろ!お前の願いを叶えてやる!
クローンポプちんによって世界は破壊され、未来は真の自由を得て生まれ変わるのだ!


3:匿名2018年10月12日 00:40 | 返信

CIAが反ヒトラープロパガンダに利用できたこんな情報を本当に確信を持って得ていたなら今まで隠す必要はなくもっと早く大々的に公開してるでしょ?
この記事はどうも最近の時流の流れであのヒトラーもこうだったんだぞって、そっちのプロパガンダの為に利用されたっぽい。
なんやかんやでヒトラーはいまだネームヴァリューがあるから。

2:アルミ缶を持つ毒BBA 2018年10月11日 22:51 | 返信

ヒトラーは同性愛傾向ではなかったと思う
現代人のような強烈な性欲も持っていなかったはず、義務や業務に追われる日々の草食系おじさんでしょ。
傲慢で頭でっかちの国はドイツの兵器が欲しかった為にドイツ政策の一環で偽造工作の脚本を演じた。それらはシリアやリビア政策に似ている。

ドイツはそれらに屈する事は無くプライドを持ち続けた。先見力があり大変 有能なドイツであった。持つべきパートナーを見抜く才能は長けているのは今も変わらない。

1:匿名2018年10月11日 17:27 | 返信

CIA幹部やウォール街の経営者、クリントン一族やレディーガガとかの話しだろ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。