• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
1810_taibyo_01.jpg
画像は、「オーギュメント エンターテイメントディビジョン」公式サイトより

 今年1月、俳優の保阪尚希(50)がお笑いワイドショー『マルコポロリ!』(関西テレビ)に出演。2000年の元旦に“内臓破裂を起こした”と明かし話題になっていた。

 保阪はその時の様子を「いきなりで、何の前兆もなかった。朝起きたら痛くて動けなくて」「その時、嫁(元妻の高岡早紀/45)と子どもがいたんですけど先に初詣へ行ってもらった」と回顧。初詣を終えた高岡が自宅に戻ってきたタイミングで、救急車を呼んでもらったという。

 搬送された病院で診断してもらったところ、腹膜炎が引き起こした内臓破裂と判明。そのまま保坂は緊急手術を受けることに。8時間に及ぶ大手術で一命をとりとめた後、医師から「あと少し遅かったら死んでいたよ」と言われたそうだ。

 今回は保坂のように、実は大病を患っていた芸能人をご紹介していこう。


●天海祐希

1810_taibyo_02.jpg
画像は、「天海祐希」公式サイトより

 「理想の上司ランキング」で毎回上位を獲得する女優の天海祐希(51)は、2013年5月に心筋梗塞で入院していた。出演した舞台の閉幕後、天海は体が極度にダルかったため病院へ。医師に診てもらったところ、“軽度の心筋梗塞で7日~10日の入院が必要”と診断されたという。

 天海の入院がニュースで伝えられると、ネット上からは「軽度とはいえ、驚きを隠せない」「心筋梗塞って生活習慣病だよね? 天海さん無理したのかな」といった声が続出した。心筋梗塞といえば、メタボなど肥満体の人がかかりやすいイメージのある病気。なぜ細身の天海が患ったかというと、コレステロール値が“低すぎて”発症したと予想されている。舞台を降板せざるを得なかった天海だが、1週間後に無事退院。舞台の代役は宮沢りえ(45)が見事に演じ切った。

コメント

2:匿名2018年10月16日 01:58 | 返信

神木君は幼少期の天使のような愛らしさも奇跡だと思う。
そして今もまだ可愛いwでも子供の頃の姿見ると本当に本当に可愛すぎてたまらない!!
生き延びてくれてありがとうって、他人ながらも感謝したくなる!

1:匿名2018年10月15日 23:42 | 返信

自分は東京吉祥寺の元救急病院で脳出血を風邪による頭痛と10日放置された。
オフクロは同じ病院で5年循環器の担当が同じ吉祥寺のクリニックに移り、更に5年かかりつけ。
そして今年の8月に吉祥寺を一緒に散歩中に心不全で心肺停止30分。AEDは来なく、自分で胸骨圧迫と人工呼吸を救急隊来るまで実施。
運よく武蔵境の日赤に運ばれて心肺蘇生成功。
脳の低温療法にかけるという主治医の言葉も、期限の5日後には目を覚まさず、翌日脳死判定に弟同意。自分駄々こねて、1週間の延命措置してもらう。その2日後に奇跡の目を覚ます。
主治医の植物状態や寝たきりの予想も見事裏切って、現在リハビリ病院へ転院。来月退院。
ただし、心臓はボロボロで手術前がすぐ死にます→いつ死んでもおかしくないになった程度。
写真で心臓が拡大して左肺を押し上げてた。
皆さん、脳や心臓で異常あれば大きな病院の精密検査を受けて下さい!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。