【衝撃】3人の僧侶が祈った水が植物の成長をスーパー促進! ついに波動の実在が大学研究で証明される=台湾

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

,

【衝撃】3人の僧侶が祈った水が植物の成長をスーパー促進! ついに波動の実在が大学研究で証明される=台湾の画像1Collective Evolution「yyy」より引用

 感謝の言葉を語りかけた水の結晶は美しくなり、罵詈雑言を浴びせた水の結晶は醜くなる。今や“疑似科学”のレッテルを貼られてしまった波動の存在。しかし、意識や思考が物質に与える影響を真剣に取り組み、肯定的な実験結果を得ている研究も存在するのだ。


■僧侶の祈りが込められた水の力

 2017年に学術誌「Explore」に公開された、国立台湾大学、高雄師範大学、米・純粋知性科学研究所の共同研究によると、僧侶の祈りを込めた水を与えた植物の種子は、そうでない種子よりもより成長していたという。

 具体的には、シロイヌナズナというモデル生物にされることの多い植物の種を使用。シロイヌナズナはクリプトクロム(CRY)と呼ばれる、感光性のフラボタンパク質を備えている。このCRYには3つの種類があり、それぞれCRY1、CRY2、CRY3と呼ばれ、光によって植物の成長や分化などの形態を制御する光形態形成に大きな役割を持つ。

【衝撃】3人の僧侶が祈った水が植物の成長をスーパー促進! ついに波動の実在が大学研究で証明される=台湾の画像2画像は「Thinkstock」より引用

 また、CRYは鳥に見られる磁場によるナビゲーションにとって大きな役割を持っていると考えられており、“量子生物学的な”性質を兼ねていると目されている。そのことから、研究チームはCRYが人間の意識の変換機の役割を担っていると仮定し、今回の実験を行った。

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。