• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

僧侶

,

台湾

,

実験

,

,

波動

,

発芽

,

言霊

,

超心理学


■意識と物質の科学

 オルタナティブニュース「Collective Evolution」(10月9日付)が紹介しているだけでも、意識が水に与える影響について肯定的な実験結果を得た先行研究は、2006年と2008年に発表されている。

 さらに、2000年に「アメリカ中国医学ジャーナル」に掲載された論文では、気功の使い手Chulin Sun氏が精神をコントロールすることで、通常は3、4日かかる植物の発芽と成長を20分に短縮するという驚愕の離れ業をやってのけたという。

 彼女の能力は世界中のあらゆる大学や研究施設でも披露され、論文が執筆された当時でさえ、すでに180回も成功していたというから驚きだ。まるで時間を操っているかのような彼女の離れ業に科学者らも困惑したそうだ。

【衝撃】3人の僧侶が祈った水が植物の成長をスーパー促進! ついに波動の実在が大学研究で証明される=台湾の画像5
画像は「Thinkstock」より引用

 今回の研究では特に植物の成長に特化した祈りの経験のない僧侶だったが、特殊な能力を持つ人間の手にかかれば、さらに高い効果を得られるのかもしれない。それぞれの人間による効果の違いは後の研究に期待したいが、少なくとも、意識は量子レベルだけでなく、マクロレベルでも物質に影響を与える可能性はあると言えるだろう。

 すると、我々の生活においても陰に陽に意識が介入しているとも考えられる。現に超心理学の世界では、9.11などのショッキングな事件が起こった際、我々“一般人”の集合意識が乱数器の出力の偏りを生み出すともいわれている。近年は意識と物質の関係に切り込む研究も多数出てきている。今後の研究にさらに期待したい。
(編集部)


参考:「Research Gate」、「Collective Evolution」、ほか

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。