• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

ZOZOTOWN

,

前澤友作

,

剛力彩芽

71WAenC6tiL.jpg
画像は、月刊目の眼 2018年5月号/目の眼 月刊版

 ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する株式会社ZOZOの前澤友作社長が9日、東京・有楽町の外国特派員協会で民間人初の月周回計画「♯dear Moon」に関する記者会見を行った。開始時間の午前11時半になるや、場内が暗転し、この日のために用意された月旅行計画のプロモーションビデオが流れた。その後「ユーサク、マエサワー!」のコールで登場した御仁には、カメラマンが殺到。会見テーブルに置かれたロケットと宇宙用ヘルメットを両手に持たせ、即席の撮影会が始まった。「社長、いいですよ!」「社長、最高ですね」とカメラマンにおだてられながら、ノリノリでポーズを決める前澤氏。その様子を会場の記者はニヤニヤしながら眺めていた。

 マイクを握った前澤氏は「今日はZOZOの社長ではなく、前澤個人の会見です」と述べたが、直後に「今日着ている服は全身自分のブランドのものです。ZOZOスーツで作りました」と宣伝も忘れなかった。

 同氏は先月18日に米国の宇宙開発企業「スペースX」社と組んで、2023年の月周回旅行をブチ上げた。「自分の夢は『世界平和』。4~5年前に初めて月へ行けると聞き、その時自分のメッセージを世界に発信できるチャンスだと感じた。『やっぱり平和がいいじゃん』と伝えたい」。

 そう力説した前澤氏がガンジーばりの平和主義者であることはわかったが、芸術作品を通じてどうやって世界を平和にするかの具体的な方策については無回答だった。

 月旅行には、前澤氏が審査した6~8人のアーティストやミュージシャンが同乗予定。会場の芸能マスコミからは交際相手の女優・剛力彩芽の“同伴説”について質問も飛んだ。これに前澤氏は「ついに来た!」とばかりに笑みを浮かべ、以下の回答。

「彼女は『私も行きたいな』と言っているが、今回は大きなミッション。それぞれのアーティストが、それぞれの役割を担って、僕自身もホストとして役割を担っている。ただ、楽しんでいく旅行とは違う。彼女に、もし役割やミッションがあって、全ての船員が受け入れてくれるのであれば彼女にも行くチャンスがあるのではないか」

 これを受け、翌日のスポーツ紙では「剛力も月へ」という見出しが躍ったが、海外ジャーナリストにしてみれば、ど~でもいい話。“剛力質問”が飛んだ瞬間、会場では失笑が漏れたことも付け加えておく。

 終始饒舌だった前澤氏だったが、都合の悪い質問には答えをはぐらかした。今年7月17日、ツイッターで突如「プロ野球球団を持ちたいです。球団経営を通して、ファンや選手や地域の皆様の笑顔を増やしたい」と投稿。球界参入をブチ上げて話題をさらったが、この日、進捗状況を聞かれると「動いていないことはないです」とビミョーなコメント。来たるべき時に話すとのことだったが、テレビ関係者によると「あの球界参入ツイートの翌日、前澤氏の『スタートトゥデイ(現ZOZO)』の株価は年初来高値の4875円をつけた。それ以降、同社の株価はダダ下がりしていることから、市場では『株価吊り上げが狙いだったのでは?』という見方が圧倒的」という。

関連キーワード

コメント

4:匿名2018年10月15日 21:10 | 返信

月旅行代の750億円をどうやって工面するのか、見ものです。

3:匿名2018年10月15日 09:32 | 返信

みんな宣伝目的だってのはわかってるよ

2:匿名2018年10月14日 00:26 | 返信

散々報道やネットニュースで流れた前沢社長の月旅行の記者会見の記事を10月13日の時点でまた読まされるとは。
既にみんな知ってる内容なんだけどね。
何か表に出てない情報が出てきたかと思って読んだけど、薄っぺらい記事だなあ。

1:匿名2018年10月13日 12:08 | 返信

妬みしか感じられないクソ記事w

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。