築地市場移転で「都政がネズミの大移動をアシスト」している! 専門家が指摘…銀座がスーパーラットの“一大居城”に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

 ネズミの捕獲に必要なのは、寝床を突き止めること。米国ではネズミが罠に引っ掛かるのを待つのではなく、こちらからネズミの巣に攻撃を仕掛けていく手法が主流になっている。「毒エサのなかに発光顔料を混ぜることで、それを食べたネズミの糞が発光し、可視光線で糞を追跡すれば、巣にたどり着く。その後、ネズミが眠っている日中に、巣のなかにドライアイスをぶち込み、発生した二酸化炭素で窒息死させる」(前出専門家)

 毒エサも致死性の高いもので「食べたネズミは体内出血で死亡する。体内なので他のネズミも死んでいるのがわからない。警戒心が強いクマネズミも食べるようニオイも工夫されている」(同)という。

 こうした最先端技術を使わない限り、ネズミの殲滅は不可能。中央区は築地の周辺住民に1世帯につき10枚の粘着シートを配布しているが、はっきり言って無意味と言わざるを得ない。銀座を歩けば足元をネズミが駆けずり回る――。そんな日常がすぐそこまで迫っている。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。