• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1810pawahara-1.jpg
イメージ画像は「Thinkstock」より引用


「怒鳴っただけでパワハラ認定されるんだからやってられないよ」

 メディア業界に勤める大芝氏(仮名)がぼやくのはこんな話だ。大芝氏は元ラガーマンで今でも恰幅のよい45歳。最近やや頭髪は薄くなってきた。メディア業界の中ではネクタイ族が多い職場の営業担当部長である。日本酒が好きでお酒を飲むとぽろぽろと業界事情を話してくれる。筆者の私にとっては重要な情報源だ。

 その大芝氏が最近、職場でつるし上げられたそうだ。同じ仕事を二度ミスした派遣社員を怒鳴りつけたのを見ていた周囲の誰かが、「わが社の管理職として見苦しい」と匿名のメールで告発したのだという。人事部長から事情聴取を受けたうえに、処分はないけれども警告を受けたという。

 で、大芝氏が語ってくれた話の本筋はそこではない。そうやってむしゃくしゃしていたところで、妙な人物を見かけたというのだ。

 まだトカナでは書いていなかったが、以前、大芝氏が日本中に広がったセクハラ告発運動について教えてくれたことがある。運動を支援しているスポンサーとしてセックス産業が介在しているというのだ。

 エロ本から風俗に至るまで、セックス産業には表向き逆風が吹いている。規制によりコンビニでヌード雑誌が販売できなくなったり、風俗営業の取り締まりが厳しくなったり。2020年東京オリンピックに向けてそういった動きが強まり始めた時期のことだ。ある組織が取りまとめてセクハラ告発をメディア各社に働きかけてきたというのである。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。