• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

MUFON

,

NUFORC

,

UFO

,

アメリカ

,

目撃

 2012年をピークに、UFOの目撃件数が急激に減少しているという。この傾向はUFO調査団体として有名な「Mutual UFO Network(MUFON)」と「National UFO Reporting Center(NUFORC)」で共通しており、その原因が何なのかに注目が集まっている。一体なぜ、UFOの目撃件数は減ったのか?


■UFO目撃件数が急減!

 今年6月、米「Syracuse Newtimes」に近年UFOの目撃件数が全米で急減しているという報告が掲載された。著者であるUFO研究者のシェリル・コスタ氏がMUFONとNUFORCのデータベースを元に作成したグラフを見れば、その傾向は明らかだ。2012年に年間14,123件だった報告件数は2014年に13,985件ともう一度ピークを迎えた後、2017年には7,837件と2012年比で55%も減少しているのである。この傾向は今年も続いていると(6月時点で1329件)コスタ氏は分析している。

1015ufosightings-1.jpg
画像は「Syracuse Newtimes」より引用

 この記事が発表されると、多くのUFOマニアのみならず、英「Syracuse Newtimes」など欧米マスメディアの関心も引き付けた。どうしてUFOは目撃されなくなったのか? 人々はUFOに興味を失ってしまったのだろうか? と。

関連キーワード

UFO

コメント

3:ルンルン2018年10月22日 02:53 | 返信

スマホの普及で、みんな画面や下ばかりを見ているからですよ。
空を見上げている人いるのかな?

2:匿名2018年10月22日 01:49 | 返信

嘘ついても感心もたれなくなったら減るやろ…平気で嘘ついたり嘘やとわかってて吹聴するのは病気やで

1:匿名2018年10月21日 18:30 | 返信

①勘違いも多かったから、UFO目撃情報が多かった。

②見たものをドローンと思うようになったから、本物を見ても偽物と思いUFO目撃情報が少なくなった。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。