• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1810_kotuniku_01.jpg
画像は、「平尾勇気」オフィシャルブログより

 数々の名曲を生み出した作曲家・平尾昌晃さんが亡くなったことで、息子で歌手の平尾勇気(37)と再々婚妻・Mさんの間で骨肉の争いが勃発している。トラブルの元になったのは、昌晃さんが残した総額60億円といわれる遺産。勇気は遺産相続を巡ってMさんを相手取り、「不透明な株式操作の手続き開示」や「Mさんが引き継いだ業務の代表権執行停止の仮処分」を東京地裁へ申し立てた。

 ドロ沼化するこの争いはワイドショーを賑わせ、視聴者からは「やっぱりお金は人を狂わせるんだな」「お父さんのお金がないと生きていけないんじゃないかな」「お金があり過ぎるのも大変だね。生前にちゃんとしておいてくれないと」などの声が上がっている。

 今回は、芸能人の親族間で巻き起こった骨肉の争いをご紹介していこう。


●長嶋一茂

1810_kotuniku_02.jpg
画像は、「花田虎上」オフィシャルブログより

 現在バラエティ番組で活躍中の長嶋一茂(52)も、妹・長島三奈(50)と骨肉の争いを繰り広げていた。2人に確執が生まれたのは、偉大な父である“ミスター”こと長嶋茂雄(82)を巡る問題が原因のようだ。

 一茂はミスターが入院中に、保管されていた記念品や愛用品を無断でスポーツミュージアムへ売却。また一茂の妻が代表を務める「ナガシマ企画」が、期限切れだった“長嶋茂雄”の商標登録を取得したため三奈が激怒したとされている。これらの問題でミスターは三奈側についたため、一茂は父とも対立。2015年放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で「大塚家具」のお家騒動が取り上げられた際、一茂は「親子の確執は当たり前」と自論を述べていた。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。