• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
1018_sanma_01.jpg
画像は、「Johnny's net」より

 1997年から放送されているバラエティ番組『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)。高視聴率を獲得し続ける同番組で、“爪痕を残そう”と躍起になる芸能人は多い。いま飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍中のKing&Prince平野紫耀(21)も、そのうちのひとりだ。

 今年9月に『さんま御殿』へ初出演を果たした平野。MCの明石家さんま(63)から話を振られると、天然発言でスタジオを沸かせていた。さんまに「お母さんは何歳?」と聞かれた平野は、「僕40歳です… 僕じゃない、お母さんが」と発言。さらに「弟の名前はわかるけど、漢字はわからない」などと発言していた。

 見事“踊るヒット賞”に選ばれた平野だったが、天然ぶりを不快に思う視聴者が続出。ネット上には、「わざとらしいエセ天然がウザい」「何しても天然キャラで許されると思ってそう」「天然発言いい加減にしてほしいわ。必死感が伝わってきてイタい」といった批判の声が上がっている。

 今回は平野のように、『さんま御殿』で爪痕を残そうと必死だった芸能人をご紹介していこう。


●新井恵理那

1018_sanma_02.jpg
画像は、「新井恵理那」公式Instagramより

 セント・フォース所属のタレント・新井恵理那(28)は、『さんま御殿』であざとい発言を繰り出していた。新井はさんまへ「困っていることがある」と告白。その後、「さんまさんのせいで好きな人ができなくなってしまった」「自分の中で理想が高まってしまい、面白い人じゃないと好きになれない」と続けている。

 この発言に視聴者からは、「生き残るのに必死なのかな?」「可愛かったけど媚び方が下手くそだった。嘘なのバレバレ」「あざといとか嫌いの前に、こうしないと生き残れない芸能人は可哀想」といった声が続出。また「綾子に似てるな」「そういや綾子も媚びてたよね」と、セント・フォースに所属していた伊藤綾子(37)を思い出す人も。伊藤は同番組で、指をさしながら「さんまさん、悪い人です」とブリっ子を披露して批判を招いていた。

コメント

2:匿名2018年10月20日 16:39 | 返信

↑ジャニオタの必死感(嘲笑)

1:匿名2018年10月19日 17:14 | 返信

ヒッシ感の使い方がおかしい
そもそもこのキャラも平野だけの意思だと勘違いしてるだけで
テレビの媒体なんてものには(台本)があるという事を知らない馬鹿が多過ぎる(嘲笑)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。