• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

日刊サイゾー

【日刊サイゾーより】

 社会でも家庭でも男性の立場がどんどん弱くなってきている昨今だが、人類の種の保存にとっても、男性は不要になるかもしれない。

 オーストラリアの女性たちは、20年以内に男性なしで赤ちゃんを産めるようになると、専門家が指摘している。

 豪ブリスベンの日刊紙「クーリエ・メール」によると、同国の生殖学専門家、デイビッド・モロイ博士が、最新の生植技術をもってすれば、女性は男性の力を借りることなく妊娠が可能になると主張しているという。

 モロイ博士が根拠としているのは、先日、中国で2匹の雌のマウスから子マウスを誕生させることに成功した例だ。中国科学院の研究チームは、父親の精子を持たない2匹のマウス卵子から採取したDNAを使い、29匹のマウスを作った。その子マウスたちは健康に成長し、交尾による自然な生殖活動で、子をもうけている。

 モロイ博士によると、この技術は人間にも適用でき、「半分の遺伝子を持つ卵子を組み合わせて生殖させることや、目的を持って遺伝子操作をすることも可能」だという。

 壁となるのは医療倫理だ。現在オーストラリアでは、医師会の倫理委員会と法律が、こうした生殖技術を人間に適用する試みを規制している。しかし、モロイ医師は「そうした態度もやがて変わってくるだろう。科学的な発展はこの先も続き、止めることはできない」と話している。

 同紙は、自分たちの遺伝子を持つ子供の誕生を望む同性カップルにとって朗報となるとしているが、その一方で、自らの地位の一層の低下を心配する男性も増えてきそうだ。

関連キーワード

コメント

2:匿名2018年10月22日 02:34 | 返信

別に気にする事ないと思うけど…?
どうして必要とか不要とか、そんな話になるのかなw
男でも女でも、同性愛者でも子供を作れる技術が作られてる(研究されてる)ってだけだよね。
この記事は女性同士だけど、他の記事に男性同士の技術も紹介されてたよ。

1コメさん心配しすぎw
メス同士で生まれた子供29匹は、それぞれ問題なく性行してるって書いてあるょw
【その子マウスたちは健康に成長し、交尾による自然な生殖活動で、子をもうけている。】
つまり、メス同士の子供であってもオスは生まれてるって事だ。
(ひとまず、第二世代は大丈夫って事ね。孫の代になると、これまたどうなるかわからんw
どう組み合わせるかも考えないとね。)

1:匿名2018年10月21日 07:31 | 返信

>男性なしで赤ちゃんを産める
からって、
>男が不要に成る
訳じゃ無いよね?プロパガンダっすか?
そもそも男が生まれなく成る訳じゃ無いよね?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。