三遊亭円楽、元SKE48矢方美紀、高須克弥…今年がんを公表した有名人4人! 胸にしこりや肺に影…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

――芸能記者兼・テレビウォッチャー加藤が「なんかヘンだよ、この芸能人。このテレビ番組、ちょっとアレじゃない?」と感じた時に書くボヤキコラム

 免疫を抑制する働きを持つ分子「PD―1」を発見した京都大学の本庶佑・特別教授が10月1日、2018年のノーベル医学・生理学賞を受賞した。授賞理由は「免疫抑制の阻害によるがん療法の発見」。本庶佑特別教授の業績を基に開発された、がん治療薬「オプジーボ」(一般名・ニボルマブ)は幅広いがん治療への適用が期待されている。

 日本人の死因は1981年以来、がんが不動のトップ。年間の死亡者数は約36万人。日本人の総死亡者数の30%を占めている。今年もがん公表をした有名人が後を絶たなかった。

 落語家の三遊亭円楽は9月28日、所属事務所の公式サイトで、初期の肺がんが判明したと発表した。自覚症状がない程度のものだったが、主治医の判断により手術治療を行った。退院後はすぐに復帰するという。

 女優の東てる美は7月13日に肺腺がんであることを公表した。東は今年5月、医療バラエティー番組『名医のTHE太鼓判!』(TBS系)で精密検査を行ったところ、肺に影が見つかったため、6月に再検査。その際、ステージ1の肺腺がんであることが発覚し、同18日に5時間に及ぶ手術を受けた。9月20日には復帰ライブを開催し、元気な姿を見せている。

 元SKE48でタレントの矢方美紀は4月13日、乳がんのため、左乳房全摘出とリンパ節切除の手術を受けていたことを自身のブログで告白した。昨年12月に左胸にしこりを見つけた矢方は、周囲に相談して病院で検査。今年1月に乳がんとわかり、リンパ節にがんが転移していることも判明した。9月には抗がん剤治療を終え、10月からは放射線治療とホルモン治療を始める。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。