• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

中国

,

日刊サイゾー

【日刊サイゾーより】

 多くの人がコスプレに興じるハロウィンが今年も近づいているが、中国では一風変わったコスプレが一部の間で流行している。

「澎湃」(10月18日付)などによると、10月7日、江蘇省連雲港市のバスターミナル付近に、日本軍の軍服を身にまとった十数名の一群が現れた。手には軍刀と小銃を携え、プラカードを掲げていた。彼らは日本を揶揄したコメディドラマの宣伝のため、日本軍の格好をして街を練り歩いていたのだった。ところが観衆に通報され、すぐに警察に制止されてしまった。首謀者の男が拘留され、他の参加者たちも取り調べを受けているという。


江蘇省南京市では、2人組の男が抗日戦跡で日本軍の軍服を着て記念撮影をした

天津市では、結婚式のパレードに日本軍の軍服が用いられた
 中国では、日本軍コスプレがちょっとしたブームになっている。同省南京市では2月、2人組の男が抗日戦跡で日本軍の軍服を着て記念撮影。何者かが中国版Twitter「微博」に画像を投稿したことで発覚し、2人は15日間も拘留された。さらに天津市では5月、結婚式で日本軍の軍服を着てパレードを行ったことが問題になり、新郎新婦が謝罪している。

 当局も憂慮しているのか、4月には「中華人民共和国英雄烈士保護法」が施行され、過去の戦争を美化したり、殉死者やその精神を否定することを禁じている。今回の事件は、同法に当たらないと思われるが、徐州翰公弁護士事務所の朱永強主任は「公共の場で行われたことは民衆心理に対して不適切であり、典型的な炎上行為だ」と断じる。

 わざわざ法制化するところがさすがは中国だが、一向になくならない日本軍コスプレ。抗日ドラマを見て育った若者にとって、日本軍は身近な存在になっているということなのだろうか? 中国でもハロウィンは徐々に広まりつつあるが、各地で日本軍コスプレが見られるかもしれない!?

(文=大橋史彦)

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年10月24日 09:17 | 返信

向こうではナチスのコスプレみたいなもんだろうな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。