• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

SUITS

,

スーツ

,

ドラマ

,

吉沢ひかる

,

織田裕二

re-suits1023.jpg
画像は、SUITS/スーツ/公式HPより

 視聴率面での苦戦が長く続くフジテレビだが、今クールの月9は評判がいいという。しかし、好評を受けて動き出した局内でおかしな発言が飛び交っているそうだ。

織田裕二主演の『SUITS/スーツ』は視聴率的にはそこそこのヒットです。しかし、低調というよりは調子がいい。さらに、数字にはそこまで出ていなくても、内容が面白いという評価する声も局に届いており、久々にフジテレビにとっては明るい話題となっています」(某テレビ局ディレクター)

 たしかに見応えのある内容で、面白さもある。

「これまでは変に恋愛路線に走ったり、勧善懲悪なタイプの弁護士ドラマが多かったために結果として新鮮味もあって満足度が高いようです。またキャストである織田裕二さんへの評価も高く、『踊る大走査線』でも大ヒットを飛ばしているために、今回も『織田はやはり凄い』という声が圧倒的です」(同)

 織田裕二さまさまといったところのようだ。しかし、その先におかしな発言があったという。

「そもそも論、この『SUITS/スーツ』はアメリカのドラマのリメイクです。知らない人もいるようですが、台本もほぼそのままです。そのため、今回のドラマの成功をすべて織田裕二さんの功績にするのは時期尚早です。それなのに局内では『織田裕二でどんどんドラマを作れ』という声が多くなっています。特に上層部にいるのはトレンディドラマ全盛期に現場にいた人たちですから、その配下の人間も含めて織田裕二絶賛論に終始しています」(同)

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年10月24日 12:01 | 返信

ふうん……
この記事を読むまで、ジャニーズドラマだと思っていた。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。