【閲覧注意】女性20人をバラバラ解体殺害、人肉喰って、骨を売った“異常夫婦”が逮捕! 母のセックス目撃が殺害動機か=メキシコ

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】


 メキシコで女性20人を殺害したとして、30代の夫婦が逮捕された。供述によると夫妻は、犠牲者の遺体をバラバラにして骨を呪術用に売り、肉は自分らで食べたり、犬にも与えたという。計画では100人殺す予定だったといい、現地では怒りの声が上がっている。


■エカテペックのモンスター

 今月5日、メキシコ第三の都市エカテペックで、フアン・カルロス・ヘルナンデス(33)とその妻パトリシア・マルティネス・ベルナルが逮捕された。夫妻は少なくとも10人の女性を殺害し、赤ん坊1人を違法に売買した罪に問われている。

【閲覧注意】女性20人をバラバラ解体殺害、人肉喰って、骨を売った異常夫婦が逮捕! 母のセックス目撃が殺害動機か=メキシコの画像1画像は「Mexico News Daily」より引用

 地元メディア「Mexico News Daily」の報道によると、エカテペックでは今年の4月頃から少なくとも3人の女性が行方不明になり、捜索願が出されていたという。警察はヘルナンデス容疑者が連続女性失踪事件に関与しているとみて捜査、エカテペック郊外のハルディネス・デ・モレロスの空き地に人骨や遺体の一部が捨てられているのを発見した。夫妻は警察の取り調べて20人もの女性を逮捕したこと、計画では100人殺すつもりだったと話した。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ