古市憲寿と貴闘力…ぐんぐんギャラ上昇中の2人の素晴らしさを関係者が暴露

関連キーワード:

,

,

古市憲寿と貴闘力…ぐんぐんギャラ上昇中の2人の素晴らしさを関係者が暴露の画像1画像は、絶望の国の幸福な若者たち/講談社

 テレビ業界で経費節約が厳しく推し進められる中、出演者のギャラも例外ではなくギャラ相場が下がっている芸能人も数多い。しかし、そのような中でもぐんぐんギャラの相場が上がっている芸能人がいるという。

 今現在で言えばふたりいるというが、まずひとり目はあの元力士の名前が挙がった。

「現在は各ニュースやワイドショーで引っ張りだこになっている貴闘力です。相撲関連の仕事が急増しているという事情もありますが、それ以上に彼自身のキャラクターです」(情報番組ディレクター)

 たしかに最近は多く見かけるが、その理由はどのような部分にあるのだろうか。

「最近は貴乃花親方の件で出まくっていますが、今回は特に無難なコメントに終始するタレントやコメンテーターが多いんです。たとえば弁護士などであっても事前に番組のスタンスを聞いてからコメントを考えることもあります」(同)

 こうした無難なケースと比べて貴闘力はどのようなスタンスなのか。

「貴闘力は別格ですよ。自由気ままで組織を恐れず、だからこそ本音を語ってくれて、視聴者からの評価もうなぎ登りです」(同)

 相撲界にいる我が子のことも語るなど、上っ面ではないコメントが業界内でも評価を得ているようだ。

 では、もうひとりは誰なのか。

「あらゆる場所で炎上していますが、社会学者の古市憲寿さんです。毛嫌いする人もいますが、内容によっては正しいコメントとして評価する声もあります」(テレビ局関係者)

 たしかに何でもズバズバ発言するため、炎上は数多い。

「今はクレームを恐れる芸能人ばかりです。誰からも嫌われないスタンスを好む人が圧倒的。しかし、そうしたものを恐れずに自分がその瞬間に思ったことを言葉にするのが古市さんです。炎上商法などとも言われていますが、キャラクターではなく彼の性格なんです。すべてにおいて本音を語ってしまう人なんですよ」(同)

 どうやらクレームだらけのテレビ業界において無難な姿勢に逃げるのは簡単だが、それでも自分を貫く人が最終的には評価されている模様だ。クレームが多くて自由がないと嘆く前に、こうしたふたりの姿勢から学べるものも多いのかもしれない。
(文=吉沢ひかる)

人気連載
トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

古市憲寿と貴闘力…ぐんぐんギャラ上昇中の2人の素晴らしさを関係者が暴露のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで