「AVポルノはタバコと同程度に有害、公的資金投入を」英議会で議論沸騰! 女性たちが「エロ禁」を本気主張

「AVポルノはタバコと同程度に有害、公的資金投入を」英議会で議論沸騰! 女性たちが「エロ禁」を本気主張の画像3イメージ画像は「Getty Images」より引用

 提言では、バスや電車など年齢制限のない公共交通機関は女性にとって安全な場所でなければならないとし、そのような場でのポルノ視聴を禁止すべきであり、画像や映像を使った嫌がらせにも法律による罰則が必要としている。

 また、報告書はTwitterやFacebookなどオンライン上で女性への性的嫌がらせが蔓延していると指摘している。調査によると、若い女性の40%以上が卑猥な写真を送りつけられたことがあると回答しており、SNSの運営企業はこの問題に即刻対処すべきであるとし、行動を起こさない企業にはペナルティを課すべきだとしている。

 提言は「女性が性的嫌がらせを避けるために行動を変えることは容認できない。それは性的暴力を正当化したり容認したりする文化に貢献することであり、社会にも大きな影響を与える」としている。

 ポルノがタバコと同じくらい有害かは議論があるところだが、現実に女性たちが電車やバスの中で、あるいはインターネット上で、卑猥な画像を送りつけられ見せつけられるなどの新たなタイプの性的嫌がらせに遭っているのは間違いない。そのような新たなタイプの性犯罪にどう対処するか、日本でも対岸の火事ではない。

(編集部)

参考:「Daily Mail」「UK Parliament」ほか

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ