• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
316TQEC13NL.jpg
画像は、アクターズ・スタイル 2006 winter (Bamboo Mook) より


 ネット掲示板で生まれた実話「電車男」がハリウッド版ドラマとしてリメイクされることになり、話題となっている。日本の地上波放送局が制作したドラマがハリウッドでリメイクされるのは初めてだ。

 ハリウッド版ドラマには、日本人俳優も数多く進出している。5、6年くらい前からハリウッドでは映画だけではなく、ドラマも重要視されている。

 有名なのは真田広之だ。「LOST」、「リベンジ」、「エクスタント」、「HELIX-黒い遺伝子-」などの人気作にも出演。ロサンゼルスに拠点を移して以来10年以上にわたり、腰を据えてチャレンジを続けた結果が実っている。真田のようなスタントもこなすハリウッド俳優は珍しい部類に入る。

 アメリカで有名になった日本人にマシ・オカもいる。「HEROES/ヒーローズ」では主演を務め、人気を博したオカは「HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン」、「Hawaii Five -0」にも出演。最近では映画化が決まった『ロックマン』のプロデュースを務めることがわかった。

「HEROES/ヒーローズ」や「タッチ」、「エージェント・オブ・シールド」、「高い城の男」「ウエストワールド」などで活躍するのは尾崎英二郎だ。日本ではあまり知られていないが、映画『ラストサムライ』『硫黄島からの手紙』などにも出演。外国人モデル通訳、英会話講師という経験を経て1994年に演出家・奈良橋陽子に師事し、翌年に元NYアクターズ・スタジオ芸術監督のフランク・カサロに指導を受けるなど、長い下積み経験を経て、今の位置を勝ち得ている。

 女優では祐真キキがハリウッドで活躍している。「HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン」、のミコ・オオトモ役に抜てきされ、アクションスターへの道を一気に駆け上がった。今年は「ロスト・イン・スペース」、「ウエストワールド」 などの海外ドラマにも出演した。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。