ISSA、出川哲朗、ナイナイ岡村、芸能界イチの“巨大ペニス”は誰!? イケメンタレントのあれは25センチ超えか!?

「ナインティナイン」の岡村隆史が、25日放送の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、“芸能界のご意見番”こと和田アキ子の仰天エピソードを告白した。岡村によると、スタッフとの打ち上げ中に和田から“呼び出し”がかかり、合流。一次会で終わるかと思いきや、和田の自宅マンションに場所を移し、二次会となったという。泥酔した和田は「あんたどんなチンチンしてるんやったっけ?」と岡村の股間をタッチ。サイズを確認すると「あんた、大きいみたいな噂があるからな。そんな大きないよな? 帰りぃ!」と言われ、解放されたという。

 実は和田は芸能界屈指の“チ○ココレクター”で知られる。関係者によると「酔っ払うと、無性にチ○コが見たくなるそうで、自宅を訪れたホリプロの社員はほぼ全員、和田の前でご開帳しています。和田は触るわけでもなく、チ○コをツマミにグラスを傾けるのが至福の喜び。まぁ、一種の性癖かもしれません」という。

“犠牲”になったのは事務所スタッフだけではない。カンニング竹山や出川哲朗、松村邦洋ら俗に言う「アッコファミリー」と呼ばれる面々も、総じて開チンを余儀なくされている。

「岡村さんと並び、芸能界で“巨チン”と噂されているのが出川さん。アッコさんも出川さんのナニを凝視し、大きくうなずき『たいしたもんや』とお墨付きを与えたそうです。一方の松村さんはお腹の肉でモノが隠れてしまうほどの“粗チン”。アッコさんは松村さんのソレが大のお気に入りで、目にするたびにゲラゲラ大笑いしているそうです」(事情通)

 もっか「U.S.A.」で再ブレーク中の「DA PUMP」ISSAも実は“アッコファミリー”の一員。同時に「平成の火野正平」の異名を持つモテ男で、自慢の“マグナム”は、まさに「USAクラス」と評判だ。スポーツ紙記者の話。

「アッコさんが直接確認したかはわかりませんが、『大きい』と認識しているのは間違いありません。履いていたスキニータイプのジーンズがチ○コの形に色落ちしていたというのは有名な話です」

 ちなみに昭和の芸能界ではジャズシンガーのディック・ミネや俳優の安岡力也がレジェンドとして君臨。では。平成の芸能界では誰が№1かというと…。

「タレントのJOYですね。“関係”のあった女性がバックで突かれ『口から出そうになった』とこぼしていたそうです。推定25センチ超と言われています」(週刊誌記者)

 ゆくゆくは和田本人の口からランキングを聞きたいものだ。

人気連載
ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ