奇習! 若き乙女を“借りてきた”旦那衆が素っ裸で…! 少女と老人の“習慣的性行為”の実態=中部地方

kishu1717_02.jpg画像は「gettyimages」より引用

 未成年者との性行為そのものが「違法」であり、即座に逮捕される現代はもちろんのこと、そうした法整備がまだまだ進んでいなかった時代でも、やはり“老人と少女”という組み合わせでの性行為は、そうおおっぴらにできるものではなかった。そのため、こうした少女性愛を持つ老人たちの多くは、当時、この近隣で活躍していたという“世話人”に依頼する形で、少女たちを“借り受けて”いたのだという。


「……と、いってもだ。なにせ、相手は子供みたいなものだからね、三十路女にやるようなことをそのままやるわけにもいかないわけ。だからね、大抵の場合は、大枚はたいて若い娘を借りてきたとしても、一緒に買い物にでかけたり、遊んだりとか、風呂に入れて体を洗ってやったりとか、裸で一緒に寝るとかね、そういう“やさしいこと”だけだったみたいでね。旦那衆はそれだけでも満足できるし、世話人や娘たちはかなりの稼ぎになるものだから、そういうのが“習慣”だった頃には、相当賑わっていたもんだよ」


 無論、その往時から幾星霜、現在では吉峰さんのいうところの“やさしいこと”でさえも、通報事案でしかなく、そうした違法なビジネスが許されているわけではないが、少なくとも、当時の彼らにとっては、まさに“win-win”の状態であった様子。そうしたことを思えば、「少なくとも当時は」という前提はあるものの、ある意味、理にかなった習慣であったといえそうだ。
(取材・文/戸叶和男)


★『グランドジャンプ・プレミアム 11月号』(集英社)で「奇習」シリーズが待望の漫画化! 漫画家はなんと『不倫食堂』の山口譲司先生!! 知られざる昭和日本の奇習が“巻頭カラー”で究極のエロス爆発、絶賛発売中!!★


●戸叶和男の記事一覧はコチラ

奇習! 若き乙女を“借りてきた”旦那衆が素っ裸で…! 少女と老人の“習慣的性行為”の実態=中部地方のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで