• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
1810_kemono3_01.jpg
画像は、『獣になれない私たち』公式サイトより

 新垣結衣主演ドラマ『獣になれない私たち』の第4話が、10月31日午後10時から放送される。第1話の視聴率は11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と好調だったが、以降は第2話8.5%、第3話8.1%となっている。

 同ドラマは、周囲の人間に気をつかいすぎる女性・深海晶(新垣)が人当たりがよさそうな青年・根元恒星(松田龍平)と出会う“ラブかもしれない”ストーリー。行きつけのクラフトビールバー「5tap」で知り合った2人は、ぶつかり合いながら自分らしい人生を探していく。

 第3話は、晶の恋人・花井京谷(田中圭)が「5tap」で飲んでいるシーンからスタート。店には花井のほかに2人の女性が来店しており、この店の常連である恒星について話をしていた。女性の1人は以前恒星に誘われたことがあるらしいが、恒星のことを「激烈サイアク」と罵倒。自分から部屋に招いておいて爆睡されたあげく、翌朝何も覚えていない恒星に追い返されたと愚痴をこぼしていた。恒星の思わぬ一面に京谷が動揺していると、タイミング悪く恒星が来店。女性たちは何も言わず恒星をにらみつけ、そそくさと退店していく。

 恒星が女性を誘ったのは、「5tap」1周年記念の日。店には晶も来ていて、恒星が真っ先に誘ったのが晶だった。晶は恒星の誘いを断ったのだが、後日、晶は自分を誘った理由を尋ねる。すると恒星は自分より出来が良かったという兄の話をはじめ、いつも笑顔で人気者の晶が兄にそっくりで嫌いだったと打ち明けた。

「この世で一番嫌いな奴に私が似てたから誘ったってことですか?」と晶が尋ねると、恒星は「そういうことになりますね」と肯定。これには晶も「ひねくれすぎじゃないですか…」と呆れた表情を見せる。

「簡単に女性を誘う恒星には、視聴者から『恒星めちゃくちゃ最低じゃん』『女性にモテるって設定だったけどこれはモテるというかチャラ男』と驚きの声が続出。晶を誘った理由に対しても、『嫌いな女を誘うってどんな趣味よ』『特殊すぎてついて行けない』『いくらイケメンでもそんな理由で誘われたくない…』とツッコミの声が上がっています」(芸能ライター)

 第4話では、晶が「5tap」から帰った後に呉羽と京谷が一緒に帰宅したことが明らかに。酔った京谷は自分のスマホを忘れたことに気づかず、翌朝二日酔いの状態で出勤した。帰宅した晶は京谷に謝罪のメッセージを送っていたが、当然既読にならない。京谷のスマホを呉羽が持っていると知った晶は、京谷の代わりに受け取りに行くことに。

「4話の予告映像では、晶と恒星がいいムードになっているようなシーンが。視聴者からは『なにこれどうなっちゃうの!?』『この流れで晶と恒星がくっつくのはヤバい』『今後の展開が全く予想できない』と動揺の声が上がっていますが、第4話で実際に2人が一線を越えていたことが明らかになりました。そして恒星と晶の関係も…。この第4話はついにガッキー扮する晶も”獣になったようだ”ということで大いに話題になっています」(同)

 誰しも一線を超えるか超えないかの判断を迫られたことがあると思うが、このドラマではその微妙な心の動きを捉えている。 恒星が抱える問題も徐々に明らかになっている様子。一筋縄ではいかない彼らの恋愛から目が離せない。

(文=ヤーコン大助)

コメント

1:匿名2018年11月 3日 19:29 | 返信

で、京谷って誰だよ?最後まで読んでみたが一切説明無し、意味不明。
このグダグタ記事を書いた記者はクビにしろ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。