• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1810_fandosi_01.jpg
画像は、「King&Prince」公式サイトより

 芸能人にとってはありがたい存在ながら、時に物議の火種になってしまう“熱狂的なファン”。先日「King&Prince」ファンが新幹線を遅延させるという事件が起きてしまったが、キンプリファンは最近「Sexy Zone」ファンとの抗争も引き起こしている。

 事の発端は、10月10日に発売されたキンプリのニューシングル「Memorial」のジャケット一面に「薔薇」があしらわれていたこと。キンプリファンが「薔薇はキンプリのもの」とSNSで発言したのだが、これに激怒したのがセクゾファン。

 実は、ジャニーズファンの間では“薔薇=セクゾ”のイメージが定着している。デビュー曲で薔薇をもって歌ったのがきっかけという説が有力だが、5周年コンサートの最終日に薔薇の造花が配布されるなど、ほぼ公認のシンボルに。ちなみにこの造花がメルカリに大量出品されてファンが激怒したこともある。セクゾファンは「ジャケットに薔薇を使うのはまだしも、我が物顔してるファンが許せない!」と怒り心頭のようだった。今回は、“ファン同士が”引き起こしてしまったトラブルをご紹介していこう。


●嵐ファン VS. 乃木坂46ファン

1810_fandosi_02.jpg
画像は、「」公式サイトより

 一見平和な出来事がなぜかバトルに発展してしまったのが、2017年に行われた“嵐と乃木坂46のコラボ”。11月に放送された『ベストアーティスト2017』(日本テレビ系)で「A・RA・SHI」を一緒に披露したのだが、コラボが発表されるとお互いのファンから批判が殺到。

 嵐ファンからは「嵐のメンバーに若い女を近づけるな」「乃木坂嫌いじゃないけどこれは無理…」との声が上がり、乃木坂ファンからも「絶対嵐メインになるじゃん。可哀そう」「コラボするだけでグチグチ言う嵐ファンマジ無理」との意見が。ちなみにコラボでは乃木坂メンバーが歌詞を間違えてしまい、「人の曲歌っておいて間違うとかあり得ない」「これ嵐に対して謝るとか何もないわけ?」と嵐ファンから攻撃されるハメに。結局、乃木坂メンバーがトークアプリ「755」で謝罪することになった。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。