• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 まるで新種生物のような、不思議で不気味な画像の数々だが正体はいったいなんだろうか? 実はマリファナ、大麻なのである――。

underthemicroscope1.JPG
Daily Mail」の記事より


■大麻の超ミクロ写真がまるでアート

 撮影を行ったのは大麻研究の第一人者である、米ロチェスター工科大学のキンスマン博士。

 科学にあまりなじみのない一般の人々向けに、視覚的に刺激し興味を持ってもらう意図で今回の撮影を思いついたという。これらの画像までたどり着くには大変な労力と手間暇がかかっているということだ。

underthemicroscope2.JPG
Daily Mail」の記事より

 まず水蒸気が写り込まないよう、大麻草(カンナビス)のサンプルを数時間かけて完全に乾燥させてから金でコーティングし、電子ビームを全体に照射。走査型電子顕微鏡(SEM)を使用して、サンプルから放射される二次電子をコンピュータに記録、データを収集してイメージを形成、真空状態の中で1回に4分かかる特殊なコンピュータ・スキャナーで撮影したという。

underthemicroscope3.JPG
Daily Mail」の記事より

 大麻をいぶした時に人々をハイにさせる成分をTHC(テトラヒドロカンナビノール)と呼ぶ。脳の中枢神経系に作用して生物の精神活動に影響を与えるTHCが包まれている球状の嚢 (のう)を画像では正確に見てとることができる。より判別しやすくするために、嚢に明るい色をつけているという。

 嚢の大きさは約2~3ミクロン(1ミクロン=1/1000ミリ)というから、想像を絶するミクロの世界である。

 また嚢だけではなく、茎には昆虫などの外敵から自らの植物体を守るための棘のような毛状突起の詳細まではっきり見ることが可能だ。3日かけて種がどう育っていくかの様子も把握でき、資料としても優れたものであるといえよう。

コメント

2:日本の警察官は詐欺を働いたり物を壊しても必ず揉み消しますw2018年11月 9日 07:43 | 返信

わーすごーいwきっと制服きてる人たちも押収物から自分ら用に吸ってるんだろーなーw

1:大森凶悪ストーカー殺人犯(サキ編)2018年11月 8日 21:48 | 返信

乾癬って感染する病気?
乾癬 大麻 癌 腎 体臭とか家が臭そうな要因だねww

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。