羽生結弦、快挙優勝も「皇帝・プルシェンコには敵わない」の声も…! 何が足りないのか、チャクラパワーストーン不在の影響も!?

「プルシェンコの『ニジンスキー』は、4回転トーループ+3回転トーループ+3回転ループの大技が冒頭に入っているだけでなく、伝説のバレエダンサー、ニジンスキーのバレエの振り付けなどを取り入れ、魅惑的なポーズを連発したのち、さらに高速ステップや超ハイパー高速スピンなどの見どころを散りばめた本当に瞬きが惜しいほど素晴らしい作品。今の採点方法では点数が出ないという声もありますが、当時の映像を見れば一目瞭然。その圧倒的な完成度に、まだユヅが及んでいないのは明らかです。確かに、ユヅの演技は素晴らしく、なんの文句のつけようもないし、高度な技をいとも簡単にこなす姿には感動しますが、なんというか“圧倒的なオーラ”や“オリジナリティ”のようなものが、プルシェンコと比べるとまだ欠けている気がするんです。多分ユヅも気づいているはず。だって、“アレ”はもう宇宙人とか異次元といったレベルでしたから……。もちろん、ユヅの能力だけではなく、演技構成や振付などの問題も大きいのですが…。でも、ユヅがプルシェンコを目標としている限り、まだまだ表現力などが伸びていくんじゃないかと期待しています」

 今回のフリーの演技では普段、羽生結弦が身につけているチャクラを強化するという「パワーストーンペンダント」もはずしている。もしかしたら、プルシェンコのエネルギーを借りて演じようという気概なのかもしれない。だとすれば、突如プルシェンコが憑依して羽生結弦とともに神のようなプログラムを演じてくれる可能性もあるかもしれない。いや、もうすでに半分憑依し始めているのか…。
(文=高橋一狼)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ