• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1811_kemonare4_01.jpg
画像は、『獣になれない私たち』公式サイトより

 新垣結衣主演ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)の第5話が、11月7日午後10時から放送される。第1話の視聴率は11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と好調だったが、以降は第2話8.5%、第3話8.1%、第4話6.7%となっている。

 同ドラマは、周囲の人間に気を遣いすぎる女性・新海晶(新垣)が人当たりがよさそうな青年・根元恒星(松田龍平)と出会う“ラブかもしれない”ストーリー。行きつけのクラフトビールバー「5tap」で知り合った2人は、ぶつかり合いながらも自分らしい人生を探していく。

 第4話では、京谷(田中圭)が失くしたスマホを巡って何故か晶が駆け回る羽目に。前日の夜「5tap」でかなり酔っていた京谷は、呉羽(菊地凛子)とタクシーに乗って帰っていた。京谷はスマホを「5tap」に忘れたと思っていたが、マスターには心当たりがない。恒星が呉羽に電話をすると、「どこに知らせればいいか分かんなくってさ」と言いながらスマホを持て余していることを明かした。

 京谷とタクシーに乗った後、呉羽は京谷が延々喋り続けるのを聞き流し不意打ちでキス。京谷は驚いて突き放すが、「いいから」と言ってもう一度強引にキスをする呉羽。晶に振られるかもしれないと不安になっていた京谷は、流されるままに呉羽と関係を持ってしまう。スマホを晶から受け取った京谷は、バレたことを察してひたすら言い訳。しかし腑に落ちない晶は「5tap」でビールを飲みながら、たまたま居合わせた恒星にひたすら愚痴をまくしたてる。

「晶がハイペースでビールを飲みほしている間、晶のスマホには上司の九十九(山内圭哉)から大量のメッセージが。晶は既読をつけずに『出先で思いついた用事を思いついた先から逐一送ってくるいつもの行動』と慣れた様子で説明していますが、視聴者からは『どんな束縛男よりめんどくさい上司だな』『京谷は置いといてまずこの会社辞めよう』『さらっと流されたけど晶ストレス抱えすぎでは』『この状態に慣れちゃダメだと思う』と、晶を心配する声が相次ぎました」(芸能ライター)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。