『獣になれない私たち』視聴者ドン引きのシーンがヤバい! 新垣結衣を心配する声相次ぐ…「どんな束縛男よりめんどくさい」

 第5話では、晶が京谷の部屋に突撃。なかなか家を出て行かない朱里(黒木華)に対し、出ていく気はあるのかと直接尋ねた。一方恒星は、京谷の件をきっかけにこれまで触れてこなかった呉羽の周辺を調査。呉羽の夫だという「橘カイジ」をネットで調べると、意外な人物であることが発覚する。

「九十九と一緒にいた社員・佐久間(近藤公園)は晶を優秀だと褒めますが、九十九は『普通やろ』と全く理解を示す気はない様子。佐久間はこっそり晶に同情しており、視聴者からは『こういう人が1人でもいてくれてよかった』『佐久間さんだけが救いだ…』と安堵の声が。晶がこれから会社に反旗を翻すとしたら、彼は味方になってくれる重要な人物かもしれません」(同)

 恋愛でも仕事でも問題が山積みな晶。全てを丸く解決する方法を見つけ出せるのだろうか。

(文=ヤーコン大助)

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

『獣になれない私たち』視聴者ドン引きのシーンがヤバい! 新垣結衣を心配する声相次ぐ…「どんな束縛男よりめんどくさい」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル