• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8

 1989年、ニュージーランドの山中でエイリアンにさらわれ、地球外文明で10日間を過ごしたという男性がいる。今月初めにもオーストラリア・シドニーで講演会が行われるなど、人生をすっかり変えてしまったという事件の詳細に、今改めて注目が集まっている。豪メディア「News.com.au」が今月2日付で報じた。

1106alec-1.jpg
画像は「News.au.com」より引用


■たった3時間のはずが……

 1989年2月中旬の月曜日、ニュージーランド北島に住む当時40代のアレック・ニューワルドさんは、温泉や湖で知られるロトルアから大都市オークランドへと自動車を走らせていた。それはたった3時間足らずの道であったはずなのだが、霧深い山道を走り抜けてオークランドの街へとたどり着いたとき、日付は出発から10日も過ぎた翌週の木曜日になっていた。

 非常に疲れて混乱していたアレックさんだったが、やがてその10日間に自分がどこで何をしていたのかを思い出した。彼は道中でエイリアンに連れ去られ、地球外文明の都市に滞在していたのである。


■霊魂の状態で誘拐

 アレックさんによると、車を運転していたら突然体が重くなって麻痺し、ブレーキも踏めない状態に陥ったという。車は猛スピードで崖へと向かい、アレックさんは死を覚悟した。

 だが、次に気がつくと、アレックさんは点滅する青いネオンライトに満たされた洞窟のような場所にいた。当初、自分は事故で死に、霊魂の姿で死後の世界にいるのだと思ったという。彼は幽霊のように形を失っていたが、意識を前進させたり横に動かしたり、自分自身を操作できた。

コメント

8:匿名2018年11月15日 08:10 | 返信

全力で否定コメントする人達の負のエネルギー蔓延。何故そこまでして違うと言いたいのが不思議です。

7:匿名2018年11月11日 00:29 | 返信

ディスクロージャー捗ってるね
これから加速的にこういう情報が出てくるよ

6:トランプ大統領2018年11月 9日 22:59 | 返信

話聞いたら、こう思うだろう。
何のために拉致したのか?
滞在させて反応でも見たかったのか?と。
もし私だったら、クローンを大量に作ってもらい独立する事から始めるであろうな。
もし言う事を聞かないのなら体罰を加えるつもりだ。「なんだ貴様!勝手に拉致した分際で!出来ないだと?貴様脳はそんなに融通が利かんのか?チョン!この能無しの役立たずが!恥を知れ!」と恫喝し、平手で一発ビンタを入れ、次に「だから、お前は不審がられて厄介者なんだよ!ちょっとは考え方を変えようとしろ!このクズ野郎!」と北斗破顔拳を入れて、指導する。「お前らも聞いたか?こんな下らん事をやる暇があったら、俺のクローンを作る仕事をしろ!後、ターミネーターも使っておけよ!何?知らない?お前は何年宇宙人やっているんだ?そんな事くらい分かるだろがぁ!馬鹿かお前は!」まわりの宇宙人にも恫喝し、膝を顔面に入れて北斗操筋自在脚を加えて制裁を加えてやりたい。もちろん出来ればの話だ。
どうせこいつらも人間と同じようなロボットだろうから何処かで存在Xことチョン天皇に操られている筈なのだ。まともな生物ではない。
しかし、それにしても、このおっさんは演技をしているのでは無いのか?胡散臭い。

5:匿名2018年11月 8日 22:01 | 返信

30年経つと記憶というものは変化するもの。記憶の処理、断片的な日常の記憶の未処理が夢で現れる事もある。信憑性はほとんど無いね、30年という月日がそれを物語っている。

4:匿名2018年11月 8日 21:57 | 返信

仮に事実だとしたら、魂の部分が異星人と共に惑星へ行ったと思う。肉体は物質的に地球外へ出たらダメージを受ける。異星人とのセルポ計画の検証でもそうだった筈だ。異星人は人類の魂をコントロールできるという事は地球人類の身体や魂の構造を熟知してると思う。

人類はまだ魂が身体から抜けるメカニズムを分かっていない、だがこの先分かる時が来る。

3:匿名2018年11月 8日 19:24 | 返信

思い込み発表して儲かるのいいな

2:匿名2018年11月 8日 17:43 | 返信

エイリアンの皮膚の色って何色?
前の記事で断言してたよね。
緑色ではないのは確かだ。

1:匿名2018年11月 8日 12:37 | 返信

記憶を消されたのに、どうやって記憶を取り戻したんでしょうかねw 退行催眠とか言わんといて下さいよw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。