【閲覧注意】集団で生贄を“八つ裂き”にするヒンドゥー教の祭「ダサイン」がヤバい! 臓物ドボドボに狂喜乱舞… 圧倒的パワーの是非

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

20181109_god_01.jpg画像は、「Liveleak」より

 ヒンドゥー教の女神ドゥルガーは、シヴァ神の神妃であり、デーヴァ神族の要請によってアスラ神族と戦った異形の戦闘神である。顔には3つの目、10~18本の腕にはそれぞれ武器を持ち、虎にまたがった姿とされるが、同じくヒンドゥー教の女神であるパールヴァティーやカーリーとも同一視されている。このドゥルガーを供養する祭りは「ドゥルガー・プージャ(ダサイン)」と呼ばれ、ベンガル地方を中心として毎年10~11月に開催される。そこでは、現在も動物を生贄として捧げる慣習が受け継がれており、その様子を収めた動画が海外の動画サイト「Liveleak」で公開されている。

 多くの人々が詰めかけた会場では、黒山の人だかりに掲げられた1匹の羊が長刀で容赦なく切断されていく。真っ二つになった羊の胴体からは内臓がドバドバこぼれ落ちる。羊の死骸は、祭壇の炎に投げ込まれてしまった。こうして生贄は、無惨に切り刻まれ、神聖な炎で焼かれ、ドゥルガーを慰める役割を果たすのだった――。

 今回の動画に見られるような生贄の儀式をめぐっては、各国で批判が相次ぎ、一部の国では法的に禁止されている。ネパールでは、ヒンドゥー教の宗派であるガディマイ寺院で、5年ごとに「ガディマイ祭り」が開催される。ガディマイ祭りでは、数十万頭もの水牛や豚、羊などの動物が殺されるため、特に問題となっていた。隣国インドの最高裁判所は2014年、ネパールへの動物持ち出しを禁止したが、この年は殺された動物の数が激減した。こうした経緯もあって、ガディマイ祭りをはじめ、ネパールにおける生贄の儀式は縮小傾向にある。個人宅で行われるダサインでも、スーパーマーケットなどで購入した肉を捧げる手法が浸透し始めているという。

 一方で、生贄の儀式を“伝統的行事”であるとして擁護する主張も根強く残っている。ネパールの古都パタンに住む尼僧、モハン・マイヤ・ジャさんは、次のように述べる。

「かつて、人間の生贄は究極の生贄――解脱を妨げるものは何もない状態――を象徴するものでした。しかし現代では、何よりも尊ばれるべき人命を宗教的象徴のために奪うわけにはいきません。ですから、儀式は動物の生贄に取って代わられました。今後、社会の意識がさらに進歩し、時代が変われば、動物を生贄にする儀式さえ消滅するかもしれません。しかし、宗教的伝統に対するいかなる干渉も許されません。抗議活動や裁判所には、慣習を始めたり終わらせたりする力はないのです。このような問題が良いか悪いかは、社会の判断に委ねられるべきです」

 米ミシガン大学の人類学者、ウエッブ・キーン教授は、「動物の生贄はある宗教に特有のものではなく、人類の動物的本能によって行なわれる普遍的な主題です」と述べ、イスラム教のクルバニやキリスト教の犠牲のスケープゴートなども挙げる。キーン教授の論に従えば、ヒンドゥー教の生贄だけを非難するのは不公平といえるかもしれない。

 生贄の儀式の残酷さばかりがフォーカスされるが、その背後には、動物を取引する商人たちの生活や、解体された動物を施される貧者の存在などがあることも忘れてはなるまい。ヒンドゥー教の女神ドゥルガーは血に飢えた凶暴さを持っている一方で、姿を変えたパールヴァティーは慈愛に満ちている。神に限らず、何事にも二面性はあるものだ。ヒンドゥー教の生贄の儀式についても、光と闇の両面から存廃を考えていく必要があるだろう。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載

【未解決】2人の女子高生が狭いエリアで惨殺された「舞鶴事件」の謎! 真犯人は“呼び出した人物”か?

【未解決】2人の女子高生が狭いエリアで惨殺された「舞鶴事件」の謎! 真犯人は“呼び出した人物”か?

※ 前編はコチラ!  狭いエリアで10年間に2度も起きている現役女子高生の殺...

2022.01.23 18:00日本
【未解決】相次いだ女子高生惨殺は本当に偶然だったのか? 2つの「舞鶴事件」の謎と真犯人に迫る

【未解決】相次いだ女子高生惨殺は本当に偶然だったのか? 2つの「舞鶴事件」の謎と真犯人に迫る

 自分が雨男雨女だと思っている人などは、ことあるごとに天気運がないと感じるこ...

2022.01.22 18:00日本
なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男が、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り...

2022.01.11 10:00ART
「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・レトリバーが、ツッコミどころ満載の封印映画...

2022.01.04 16:00ART
【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.01.20 12:00異次元

【閲覧注意】集団で生贄を“八つ裂き”にするヒンドゥー教の祭「ダサイン」がヤバい! 臓物ドボドボに狂喜乱舞… 圧倒的パワーの是非のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル