• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 かつて、火星にはエイリアンによる優れた文明があったといわれるが、この岩がその証拠なのだろうか? 火星で新たに“宙に浮く岩”が発見され、英「Express」も取り上げる話題となっている。

■宙に浮かぶ不思議な岩

 今月2日付の英「Express」の記事によれば、宙に浮く岩はNASAの火星探査機スピリットが2005年に撮影し、地球へと送信した画像の中に映りこんでいる。ごつごつとした岩石が転がる荒野の中に、それはぽつんと置き去りにされていたようだ。

1109rock-2.jpg
画像は「Express」より引用

 画像には、宙に浮く長方形をした巨大な岩がはっきりと写っている。地面から露出した白っぽい岩場には浮かんだ岩の陰が落ちており、なんとも不思議な光景が広がっている。一体この岩は何なのだろうか?

 この謎の岩を発見したのは、過去にもNASAの画像から様々な物体を発見している台湾のUFO研究家、スコット・ウェアリング氏である。ウェアリング氏は自身のウェブサイト「UFO Sightings Daily」の記事でこの岩について取り上げており、「物体は地面から25~30cmの高さにホバリングしている」と分析している。

コメント

5:匿名2018年11月12日 21:55 | 返信

火星で撮る意味なくね?

4:匿名2018年11月11日 20:18 | 返信

いつだったか、浮上している石の記事があったっけ。
スプーンはネタとして出すのにあの石はスルーということは、あの記事は誤認だった、ということなね?

3:匿名2018年11月11日 17:02 | 返信

UFOなどの残骸ではないかと推測している。他のパーツは皆分解されてしまったが、この物体だけが残って宙に浮くだけのエネルギーを保っているというのだ。

...この文面が一番衝撃的だったわ。

2:匿名2018年11月11日 13:15 | 返信

一枚目の青っぽい岩の写真は
剣のように長いものが何らかの理由により、地面に突き刺さっていて、
岩の陰になって見えない部分に支えがあるから浮いたように見えているだけだと考えられる。
何枚もの写真の中にはそういう造形の岩があってもおかしくない。


二枚目のスプーンは、火星だから表面に水はないだろうが、重い気体が地表面を漂っており、
気体より比重の軽い岩のように見える何かが重い気体の上に浮かんでいると考えられる。


あくまで物理的に考えられる可能性の話です。

1:匿名2018年11月11日 12:18 | 返信

底の凸部で地面に乗ってる岩と薄く二段になってる岩は見えるけど、宙に浮いたナンチャラはどこにあるのかなあ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。