火星で「宙に浮かぶ岩」がNASA画像から発見される! あの”浮遊するスプーン”に続き、火星文明の残骸が随所でホバリング中!

1109rock-1.jpg画像は「UFO Sightings Daily」より引用

 さらにウェアリング氏は、これを「単なる岩ではない」と断言し、火星にかつて存在した古代文明の遺物か、あるいはエイリアンの作ったUFOなどの残骸ではないかと推測している。他のパーツは皆分解されてしまったが、この物体だけが残って宙に浮くだけのエネルギーを保っているというのだ。

 しかしながら、英「Express」の記事では、岩は宙に浮いているように見えるだけではないかという懐疑的な見方も紹介している。影や光の偶然による心理的なトリックで、たまたま空中に浮かんでいるように見えているだけだというのである。

antigravitation_04.jpg画像は「UFO Sightings Daily」より引用。浮遊スプーン

 トカナでもご紹介しているが、ウェアリング氏は過去に“浮遊するスプーン”も火星で発見している。太古の火星人やエイリアンは岩やスプーンを浮かせるようなテクノロジーを持っていたのだろうか? これがその証拠だとすれば、世紀の発見である。みなさんはどう考えるか、この不思議な画像から思いをめぐらせてみよう。

(編集部)

参考:「Express」「UFO Sightings」「areo.info」ほか

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

火星で「宙に浮かぶ岩」がNASA画像から発見される! あの”浮遊するスプーン”に続き、火星文明の残骸が随所でホバリング中!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル