【ガチ】英王室の宇宙学者が発言「人間は“サイボーグ新人類”となり火星の植民地化を進める」「宇宙人は電動知性体」

【ガチ】英王室の宇宙学者が発言「人間はサイボーグ新人類となり火星の植民地化を進める」「宇宙人は電動知性体」の画像1画像は「getty」より引用

 元英国立協会会長でイギリスを代表する科学者が、「火星の植民地にはサイボーグ人間が行く」と発言し、大きな話題になっている。

 英紙「Daily Mail」(11月9日付)によると、宇宙物理学者のマーティン・リース博士は、新著『On the Future』で、火星の植民地は「ポスト・ヒューマン進化」を促し、「新人類の誕生」に寄与すると語ったという。

 一見矛盾しているようだが、リース博士は火星移住には必ずしも肯定的ではない。というのも、火星への移住は人口問題の解決にはならず、必要なことは環境問題への早急な取り組みだからだという。

「我々は絶望して、地球を離れ、他の場所に行くべきだというアイデアがあります。これは危険な妄想です。イーロン・マスクや、私の古い同僚のスティーブン・ホーキングも火星移住を推進してきましたが、私は第二の地球はないと思っています。世界の問題は地球から逃れるだけでは解決できません。ここで解決されなければならないのです」(リース博士)

【ガチ】英王室の宇宙学者が発言「人間はサイボーグ新人類となり火星の植民地化を進める」「宇宙人は電動知性体」の画像2マーティン・リース博士「Daily Mail」より引用

 リース博士は、「スペースX」社や「Blue Origin」社などの民間企業が中心となり、徐々に火星への移住は行われるだろうと予測しているが、火星の環境は人間にとって極めて過酷であるため、大規模な移住はないと考えているそうだ。

 すると、もし人類が火星移住に本気ならば、火星の環境に適応するために、バイオモディフィケーション(生物学的改良)やサイボーグ技術を使い、「新種の人類」となる道を選ぶだろうという。ただし、こうして生まれた新人類が、「どこまでが生物であり、どこまでが電子的であるかが問題になるだろう」とのことだ。

人気連載
ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ