• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
1811_rigaru4_01.jpg
画像は、『リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~』公式サイトより

 11月15日夜9時から、米倉涼子主演の『リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)の第5話が放送される。これまでの視聴率は第1話15.0%、第2話18.1%、第3話15.9%、第4話16.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と2桁をキープしている。

 同ドラマは、米倉演じる元弁護士・小鳥遊翔子の活躍を描いた物語。ワケあり弁護士や前科持ちのパラリーガルを集めて「京極法律事務所」を設立した小鳥遊は、傍若無人な振る舞いで彼らをこき使い自分の信じる正義を掲げて勝訴を勝ち取っていく。

 第4話では、京極法律事務所の代表弁護士・京極雅彦(高橋英樹)が初めての法廷で翔子と因縁のある弁護士・海崎勇人(向井理)と対峙することに。裁判の内容は、「峰島興業」の会長・峰島恭介(竜雷太)の遺産相続についてだ。恭介の葬儀に突如現れたホステス・玲奈(島崎遥香)は恭介が亡くなる直前に婚姻届けを提出したと主張。しかし息子の正太郎(袴田吉彦)はそれを認めず、婚姻の無効と相続権の不在を訴えている。

 裁判では京極が玲奈、海崎が正太郎を弁護することになったのだが、海崎の上司・天馬壮一郎(小日向文世)は会長亡き後の峰島興業に期待を持てない様子。「義理立てすべき峰島会長もいないんですし」と、峰島興業を切り捨てるような発言をした。海崎が「しかし一応引き受けた案件ですから」と食い下がると、「そんなに小鳥遊くんが気になりますか?」と天馬は薄ら笑い。海崎は思わず目をそらし、「まさか」とごまかすのだった。

 そんな海崎の様子を見て、天馬は「あの女の化けの皮を剥がせるのであれば」と裁判を一任。海崎は恭介の担当医を証人として呼び出し、玲奈が死亡時間を遅らせた診断書を書くよう指示していたことを突き止める。玲奈は10年前に恭介が潰した牧場の孫娘で、恭介に近づいたのは復讐のため。しかし牧場の件を後悔していた恭介は、遺言書の代わりの映像で遺産を牧場に寄付することを宣言していた。

「海崎は翔子の元恋人ですが、今では頻繁に敵対する立場。天馬にかつての関係を指摘された際、海崎はあからさまに動揺した素振りを見せました。この場面を見た視聴者からは、『海崎さんめちゃくちゃ気になってるじゃん!』『海崎先生は翔子にまだ未練がありそう』『これはもうすぐ直接対決かな』といった声が続出。翔子と海崎の今後の展開に注目が集まっています」(芸能ライター)

 第5話では、青島圭太(林遣都)が事務所に来る前から抱えていた案件と向き合う。同級生の武藤正洋(戸塚純貴)が、学生ベンチャー企業の代表・町村誠(瀬戸利樹)に暴行をした疑いで起訴されているのだ。青島は控訴審に向けて、事務所のメンバーの力も借りながら証拠集めに奔走。そんな中、伊藤理恵(安達祐実)がこれまで明かされなかった翔子の過去を突き止める。

「翔子は海崎をはじめ、『Felix&Temma法律事務所』のメンバーをはっきりと敵視しています。その理由は弁護士免許をはく奪された理由とも関わりがあるようで、『早く翔子の過去エピソードが見たい』『これから核心に迫る展開になるのが楽しみ』と第5話に期待の声も上がっています」(同)

 青島と翔子、それぞれが自分の過去とどう向き合っていくのか目が離せない。

(文=ヤーコン大助)

コメント

1:匿名2018年11月16日 10:45 | 返信

こういった悪意ある記事タイトルは凄く不快です。見る人をどう誤解させて誘導するかに力を注ぐのはやめて下さい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。