西暦4413年に行ったタイムトラベラーが衝撃暴露! 「もはや人間は存在しておらず…」 英政府の極秘任務でわかった戦慄の未来

「もはや人間は存在していない」――。ロボットが支配する西暦4413年の世界に行ったタイムトラベラーがカメラの前で衝撃の未来を語っている。


■極秘任務でタイムトラベルのテスト要員に

 YouTubeチャンネル「ApexTV」にまた1人、新たな“自称”タイムトラベラーが登場した。彼は西暦4413年の世界を体験してきたという。

 イングランド・レスター在住のルイス・ウォーカーと名乗るその男性が、タイムトラベルを体験するに至った経緯から旅の顛末までをカメラの前で語っている。彼は、これは人々が聞くに値する話であると訴える。

4413traveller1.JPG 「Daily Star」の記事より

 生まれも育ちもイングランド・レスターであるウォーカー氏は、父の導きで国防省に就職した。

 働きはじめて数年がたち、妻子を持つ身になっていた1977年のある日、トップシークレットのプロジェクトに関わることになる。それはタイムトラベルのテスト要員になることであった。当時の時点でタイムマシンはまだ開発中であり、タイムトラベルが成功する確率は50%であったという。もし失敗すれば人命に関わることになり、二度と本来の時代に戻ることができなくなる。

 それでも高額の報酬(25万ポンド、当時でおそらく5000万円以上)に惹かれてウォーカー氏はテスト要員になることを決意する。家族のためにもお金が必要であったという。

 その夜、早くもウォーカー氏はヘリで政府の最高機密施設に連れて行かれた。そこにはさまざまな極秘開発中の機器があり、テレポーテーション機器やマインドリーディング装置などもあったということだ。そしていよいよタイムマシンの運用実験が始まった。

西暦4413年の世界を体験したタイムトラベラー 動画は「ApexTV」より

 初めて見たタイムマシンは巨大な三角形のシルエットで、無数のケーブル類があらゆる方向に伸びていた。装置の中心付近に人一人入れる空間があり、用意された特殊なスーツに着替えたウォーカー氏はタイムマシンに乗り込んだ。

 科学者がスタートボタンを押すと部屋全体を揺さぶるほどの振動が生じ、ウォーカー氏の視界は真っ白になったという。

人気連載
5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

■2020年5月25日~31日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

【日本奇習紀行シリーズ 豪雪地帯】  今年、首都圏では...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ